こだわりの逸品

一生に一度は使ってみたい 一流ブランドの「大名品」

MEN’S EX

2018/8/3

MEN'S EX

一流のブランドにはマスターピースといわれる名モデルが存在するが、ちょっぴり目線を変えてこれらに向き合うと、新しい発見を得られることがある。名品“プラスα”の魅力を秘めた、とっておきの大名品を紹介しよう。




■KITON/キートンの14ミクロンウールスーツ

14ミクロンの艶が生みだす最高の佇まい

プレタの最高峰スーツとして名高い、キートンのKBモデル。手仕事を駆使して生まれるナチュラルな肩線や、チェストからウエストにかけての美しいフォルムが名品の由縁だが、その造形美に不可欠なのが、厳選された素材。ここに注目すると、キートンのスーツの素晴らしさが、より鮮明に浮かびあがる。写真のKBモデルのスーツには、直径14ミクロン(スーパーにして180’s)という、カシミヤに肉薄する極細原毛を用いたウール地を使用。そのしなやかさはまさに別格で、表面には品のいい艶感が現れる。佇まいにも自ずと、紳士の品格が滲むのだ。78万円(キートン)

スーツ78万円、シャツ5万6000円、タイ2万9000円/以上キートン(キートン) 時計278万円/ヴァシュロン・コンスタンタン(ヴァシュロン・コンスタンタン) シューズ23万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン) チーフ〈スタイリスト私物〉
Latest