旅行・レジャー

旅・風景(ナショジオ)

卒業旅行の起源は中世の貴族 必見はイタリア

日経ナショナル ジオグラフィック社

2018/7/18

ナショナルジオグラフィック日本版

イタリア、フィレンツェ: 世界的な芸術の中心地のひとつであり、ルネサンスの生誕地と考えられている(PHOTOGRAPH BY DAVE YODER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

もうすぐ夏休み。既に旅行計画を決めた人も多いことだろう。この時期に「卒業旅行」をするという大学生もいるかもしれない。中世の欧州にも「学生旅行」があった。ただし、若い貴族の話だ。今回は、中世ヨーロッパの貴族たちに人気の都市を14点の写真で見ていきたい。いずれも、今も人気の観光地だ。

16世紀、時代を先取りする貴族の若者たちは、欧州の都市を駆け足で巡る旅をするようになった。ロンドンやパリ、アムステルダム、ローマといった都市をまわり、驚くべき建造物を訪れ、優れた美術品をじかに見て、帰国後に自慢できる記念品を買い込む。この旅は「グランド・ツアー」と呼ばれ、若者たちの教育の集大成となった。壮大な修学旅行であり、今日の旅行者たちにも多大な影響を及ぼしている。

グランド・ツアーの全盛期は1660~1820年ごろ。当時の旅は莫大な費用がかかったため、特権階級だけのものだった。典型的な旅行者は、主に英国、北欧、そして北米の、大学を卒業したばかりの若い男性。ギリシャ、ラテン文学の正式な教育を受け、美術史への関心も持っていた。彼らには資金が豊富にあり、お目付け役が同行した。

都市史の教授としてグランド・ツアーを研究している英レスター大学のローズマリー・スウィート氏によれば、グランド・ツアーは若者が親離れし、人格を形成する助けになっていたという。「旅行中は早起きや空腹、長時間におよぶ馬での移動を我慢しなくてはならず、旅をする若者は自宅の心地良さ、気楽さから引き離されました。その結果、不平を言わず、勇気を持って不快や危険に耐える不屈の精神が養われたのです」

困難な旅の目的地として人気があったのはロンドンとパリ。アムステルダムを訪れる人も多かったが、チューリッヒやベルリン、アテネ、イスタンブールは比較的少なかった。絶対に行きたい国はイタリアで、古代遺跡や噴水、教会を見逃すわけにはいかなかった。

サンマリノ:ティターノ山の上からサンマリノの首都を見下ろす3つの塔のうち、最も古いのがグアイタの要塞だ(PHOTOGRAPH BY XINHUA NEWS AGENCY, REDUX)

19世紀初頭まで、ヨーロッパには美術館はほとんど存在しなかった。多くの場合、旅行者は個人がコレクションしている絵画や彫刻を見せてもらい、自分たちもギリシャ・ローマ風、イタリア風の美術品を手に入れ、母国に持ち帰った。また、旅行者たちは自らの体験を手記にし、紀行文学や日記を後世に残した。

1840年代、鉄道輸送が整備されたことで、通過儀礼であるグランド・ツアーも大きく様変わりし、なかなか手の届かなかった旅行が安価で手軽、安全なものとなった。都市間の移動もずっと簡単になった。いまや人々はいろいろな都市を訪れるようになったが、グランド・ツアーの象徴だったヨーロッパの各都市は、現在も多くの旅行者が訪れる人気の観光地となっている。

次ページで人気の旅行先12点の写真を紹介する。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL