レンタル普段着、定額でお届け スタイリストが選定エアークローゼット社長 天沼聰氏

エアークローゼット社長 天沼聰氏
エアークローゼット社長 天沼聰氏

スーツやドレスの貸衣装が一般的なファッションレンタル。この常識にIT(情報技術)で挑戦、女性向け普段着の月額制ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」を運営するのがエアークローゼット(東京・港)だ。天沼聰社長に事業の狙いと特徴を聞いた。




――どのような経緯でサービスを始めたのですか。

「新しいファッションとの出合いは、年齢を重ねるごとにどんどん減ってしまいます。特に女性は仕事が忙しくなったり、子育てが始まったりと、生活の変化が激しい。こうした変化を経ると、ファッションに新しい出合いを求める時間はどうしても減ってしまいます」

「しかし、生活リズムが変化して、時間がなくなっても、若いときのように新しいファッションと出合える機会があったらワクワクしませんか。我々は、そうした機会をつくりたいと思い、エアークローゼットを立ち上げました」

■忙しい中でも新しい洋服と出合える

――エアークローゼットの特徴を教えてください。

「日本初の普段着に特化した月額制のオンライン・ファッションレンタルです。最初に自身のサイズ感や、色味などを登録していただくと、それに基づいてスタイリストが選んだ洋服を、登録から数日で自宅にお届けします。サービスは税別6800円(月1回3着、別途返送料)の1カ月プランからとなります」

登録から数日たつとスタイリストが選んだ洋服がボックスに入って自宅に届く

「現在の登録会員数は16万人。特に20歳代後半から40歳代が多く、働く女性が9割です。通常のレンタルサービスでは一点一点自身で選ぶ必要がありますが、エアークローゼットではスタイリストが洋服を選んでくれるのが特徴です」

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019