深大寺のモーツァルト 調布国際音楽祭支える地元力

東京都調布市で調布国際音楽祭が開かれている(6月24日~7月1日)。今年で6年目、「国際」を名乗り始めて2年目だ。調布には音大の桐朋学園大学があり、もともと音楽都市としての基盤がある。地元の資源を活用しつつ、海外の著名アーティストも招き、世界水準の音楽祭と位置付ける。深大寺本堂でのモーツァルト作品の弦楽三重奏公演をはじめ、同音楽祭の地元力と国際性を探った。

都内屈指の古刹、天台宗別格本山・浮岳山昌楽院深大寺。奈良時代の733年(天平5年)に開創し、2017年には所蔵の白鳳仏が新たに国宝に指定され、国内外から観光客を集めている。深大寺本堂で6月27日に開かれたのが、寺神戸亮トリオ公演。僧侶たちが天台声明を詠唱した後、武蔵野の森に抱かれた深大寺にモーツァルトの「弦楽三重奏のためのディヴェルティメント変ホ長調」が優雅に鳴り響いた。

日本古来の文化と西洋音楽が出合う深大寺公演

深大寺に今も残る最古の建造物「山門」は1695年(元禄8年)に建立された。「山門が建てられた年は、バッハの誕生年(1685年)と10年しか離れていない。何かの縁を感じる」と同音楽祭エグゼクティブ・プロデューサーで指揮者兼鍵盤楽器奏者の鈴木優人氏は山門を眺めながらつぶやく。鈴木氏がバッハとの関連でこう語るのは、調布国際音楽祭の基本方針の中に「バッハ」があるからだ。彼がコンセプトとして挙げるのは「バッハに触発された音楽祭」「音楽以外の芸術との交流」「次世代に音楽のよろこびを受け継ぐこと」の3つ。バッハの時代に近いクラシック音楽を、日本の伝統文化が息づく深大寺で、一般の人々に聴いてもらう。「日本古来の文化と西洋音楽の取り合わせを楽しんでほしい」と寺神戸氏が語った深大寺本堂での弦楽三重奏公演も3つのコンセプトにかなっている。

欧州と同様、日本の夏もクラシック音楽祭に彩られる。大分県別府市を中心に5~6月に開催された「別府アルゲリッチ音楽祭」、長野県松本市で8~9月に開かれる「セイジ・オザワ松本フェスティバル」は、いずれもピアニストのマルタ・アルゲリッチさん、指揮者の小澤征爾氏という著名アーティストを主役にした大きな音楽祭だ。7~8月の「霧島国際音楽祭」、8月の「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」はそれぞれ鹿児島県霧島高原と群馬県草津温泉という有数のリゾート地を会場にする。

こうした中で、調布のような東京郊外の一都市が、世界に発信する勢いで開く国際音楽祭は珍しい。グリーンホールをはじめ市内の演奏会施設のほか、京王線調布駅前広場も使って、大小計49公演を開く。原動力としてまず挙がるのが、人口約23万人の調布市に住む音楽家や、同市内に通学する音大生など、地元の人的資源だ。

エンタメ!連載記事一覧