ベトナムの技術者を日本へ 33歳女性起業家の素顔

30歳で起業したベトナム人社長、トゥイ―さん
30歳で起業したベトナム人社長、トゥイ―さん

若手の労働力が不足する日本を、陰で支えるベトナム人女性がいる。30歳で起業、日本向けに技術者の人材紹介や通訳・翻訳を手掛けるトゥイーさん。「ベトナム人の若者と、日本での夢を語り合うのが楽しい」と話す彼女に、日本にかかわる仕事の実際と、仕事を通して見た日本について聞いた。

◇  ◇  ◇

ダン・ティ・フォン・トゥイ―(DANG THI PHUONG THUY)さん(33歳)。ベトナムの三大都市の一つ、ハイフォン市で、日本への人材紹介や通訳・翻訳、投資支援などを手掛ける会社を経営している。

トゥイ―さんが会社を立ち上げたのは2015年。ハノイ大学(当時はハノイ外国語大学)日本語学科を卒業後に日系企業に就職。仕事で日本に行ったこともあり、起業したいとずっと思っていたという。大学時代の同級生と2人で、地元の日系企業をターゲットに営業を始めたが、実績がないため当初はかなり苦労した。

そこで知名度を上げるため、地元で日本語レッスンの講座を開講した。さらに、日本語スピーチコンテストに2人で出場。優勝と2位を獲得したことが、日系企業に知ってもらうきっかけになったという。

15年に兵庫県の姫路経営者協会の支援を受けて、ベトナムで合同企業説明会を開催した。日本からは15社が参加し、その場でベトナムのエンジニア20人の採用が決まったという。以来、毎年ハノイで説明会を開き、これまでにIT、機械、電気などの分野で70人以上のベトナム人エンジニアを日本の企業に紹介した。

「私にとって、とてもやりがいのある仕事。大好きな日本語と日本の文化をベトナムの若いエンジニアに伝え、日本に行くという彼らの夢を一緒にかなえ、日本での成功を支援できるからです」(トゥイーさん)

ベトナムは若い人が就職しやすい環境のため、転職が多く在職期間が短いという。「若者を育てる環境がまだ整備されていないので、大学卒業後は海外に就職する人がどんどん増えています。これはベトナム企業だけではなく、ベトナムにある外資系企業にとっても課題の一つとなっています」

さらに、日系企業向けの人材事業も同業他社が増えて、競争が激しくなってきているという。

「日系企業はかなり高い条件を提示してきますが、ベトナム人の若いエンジニアの中には日本語をほとんど勉強していない人も多く、専門分野のスキルが高くても面接ではかなり厳しいこともあります。条件を満たす人がなかなか見つからないときは大変ですね」

通訳の仕事でもさまざまな苦労があるという。しかし「大変なことはあっても、『自分の成長やスキル、仕事のレベルを向上させるために、壁を乗り越えよう!』と思えてくるから不思議。やっぱり日本語の仕事が好きなんだと思います」。

トゥイーさんのある日のランチ。牛肉とビーフンの「フンボーフエ」(3万5000ベトナムドン=約170円)。忙しいので食べる時間は約15分!