オリパラ

勃興eスポーツ

eスポーツ日本代表、開会式出ちゃダメ アジアの五輪 JOC、選手団からなぜか除外

2018/6/28

アジア競技大会に向けて、11人の日本代表選手のうち3人が本戦出場を決めた(写真は5月に都内で開かれた国内予選)

 アジアの五輪といわれるアジア競技大会に、ゲーム対戦競技「eスポーツ」の日本代表選手が初めて出場することになった。国内予選を勝ち抜いた11人の選手のうち3人が東アジア地域予選を突破。これを受けて日本オリンピック委員会(JOC)はエントリー手続きをするが、「JOCが派遣する正式な日本代表ではない」という位置づけだ。日本代表であって日本代表でない――とはどういうことなのか。

■「代わりに判を押してあげただけ」

日本では「テレビゲームがスポーツなのか」という意見が根強い(5月に開かれたeスポーツの国内予選)

 焦点となっているのは8~9月にインドネシアのジャカルタで開かれるアジア競技大会だ。同大会はアジア・オリンピック評議会(OCA)が4年ごとに開催する国際総合競技大会で、JOCが日本代表選手を派遣する。ジャカルタでは初めてeスポーツが公開競技に採用されることになり、日本を含む27の国・地域の選手が6つのエリアに分かれて予選を戦った。

 本戦の出場権を得た日本人選手はサッカーゲーム「ウイニングイレブン」で2人、カードゲーム「ハースストーン」で1人。韓国、中国、台湾などの強豪がひしめく東アジア地域予選を勝ち抜いただけあって、競技団体の日本eスポーツ連合(JeSU、東京・中央)は「上位入賞できるかもしれない」と期待する。

 だが代表選手を派遣するはずのJOCは、我関せずというスタンスだ。「(エントリーの書類に)JOCの判がなければ出場できないので、代わりに押してあげるだけ。eスポーツの選手を派遣するのはJeSUであって、JOCではない」。日本代表としての統一ユニホームや現地での滞在費支給は無し。JOCの公式記録にも残らない。

 大会が始まっても、JOCが派遣する正式な日本代表でないeスポーツの選手たちは開会式や閉会式に出席できない。現地ではホテルなどの宿泊場所が不足する可能性が高いが、「選手村に入れるかどうかはインドネシアの組織委が判断すること」とJOCは突き放す。

■JOCへの加盟、道筋見えず

 背景には、eスポーツに対する態度を決めかねているJOCの事情がある。もともとJOCの内部には「テレビゲームがスポーツなのか」という慎重な意見が根強い。「eスポーツが公開競技になると現地から連絡を受けたのはつい先日で、きちんと議論している時間がなかった」とJOCは説明するが、内々には以前から分かっていたことで、結論を先送りしてきたのは間違いない。

オリパラ新着記事

ALL CHANNEL