人生100年時代の保険 重視すべきは住まい・賠償…長生き時代の保険の選び方(1)

日経マネー

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF
日経マネー

人生100年といわれる時代になった。日本人の平均寿命は伸び続け、厚生労働省の「平成28年簡易生命表」によれば、男性は80.98歳、女性は87.14歳だ。近い将来、男性の4人に1人、女性の2人に1人は90歳まで生きる時代となる。

長生きは喜ぶべきことではあるもの。しかし長寿を全うするには、人生80年時代とは備えも変わってくる。100歳まで生きるなら、これまでは想定できなかったリスクが新たに生じ得る。予想以上に準備しなくてはならない生活費、長い間自宅で過ごすなら住まいを失う可能性にも備えなくてはならない、そして体が衰えて事故を起こすかもしれない。

生活費、住まい、事故に対するリスクへの備え

増大する長生きリスクへの備えは、現役時代から始めなくてはとても対応できない。それに対し保険でどう備えているのか、データをみたところ、高い生命保険の加入率と死亡保障、その一方で、意外と少ない災害や事故への備えが浮かび上がった。

人生100年時代、保険とどう向き合うか

「長生きしてリスクが増えるからこそ保険が頼りになり、向き合い方は変えるべきではないのでは」と考える人も多いかもしれない。

「いえ、変えざるを得ません」とファイナンシャルプランナー(FP)の清水香さんは断言する。清水さんは、人口動態が変化すれば加入する保険も変えざるを得ないと話す。例えば1960~70年にかけ、核家族化が進んだ。この時代にニーズが拡大したのが高額な死亡保障の生命保険だ。家族単位での生計維持が一般的になり、生計を担う者の死亡をリスクと捉えるようになったからだ。生命保険の加入率の高さ、死亡保障の金額の多さは、この頃の名残ともいえる。

頻度と経済的ダメージによりリスクを4つに分類

「子育て中で生計を担う人が亡くなることはリスクですから生命保険は必要かもしれません。でも子育てが終われば、その後の長い時間に向けて生命保険は見直しの対象になるはず」と清水さん。そもそも老後が想定より長くなったのだから、「老後に備えて貯める=現在の支出を減らす」ことが必要になる。ニーズが変われば保険料の支払いというコストを身の丈に合わせて見直すことが求められる。

清水さんは、長い人生で起こるリスクを「しばしば起こるが経済的ダメージは小さい」「めったに起こらないが起きれば経済的ダメージが大きい」など4つのカテゴリーに分類。災害に遭って自宅を失う、事故を起こして賠償が必要になるなど「めったに起こらないが起きれば経済的ダメージが大きい」事象こそ、人生100年時代に欠かせない保険、と説明する。死亡や障害、傷病には公的な保障があるが、住まいや賠償には公的保障はほぼないからだ。

主な公的保障とその内容
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし