ランキング

エンタランキング

ムロツヨシ、男優5位に躍進 山田孝之トップ10入り タレントパワーランキング2018 男優編

日経エンタテインメント!

2018/7/3

 2018年版のタレントパワーランキング男優編は、1位に阿部寛が返り咲き。2~4位は嵐のメンバーが並ぶ。5位にムロツヨシが17年の47位からジャンプアップ。山田孝之も8位とトップ10に食い込み、勢いをみせた。

 日経エンタテインメント!が発表している「タレントパワーランキング」は、アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したものだ。(調査の詳細は総合編の「タレントパワー、マツコ3連覇 石原さとみ4位浮上」をご覧ください)

スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めてつけた。

 男優編で、1位に返り咲いたのは映画、CMで不動のポジションを確立している阿部寛。10代~60代まで全ての層で高スコアを維持。17年は主演の連続ドラマはなかったが、他の追随を許さない存在だ。18年は意欲作『のみとり侍』など、既に映画4本の公開が決まっている。

 2位からは嵐のメンバーが並ぶが、3人が昨年よりスコアを落とすなか、スコアアップで2位へと順位を上げたのは二宮和也。17年に嵐内で最もポイントを上げたのが相葉雅紀だったことからも、きっかけは『NHK紅白歌合戦』での単独司会が大きそう。“紅白”のあなどれない国民的パワーはこうしたところに表れる。 

 17年の47位からジャンプアップでいきなり5位にランクインしたのは、ムロツヨシ。16年から17年、17年から18年と、続けて約10ポイントずつスコアを上げる異例の躍進ぶりだ。17年は大河ドラマ『おんな城主 直虎』出演で40代以上の女性のポイントも伸ばしているが、ムロの特徴は他の男優と比較して、男性のスコアが高い点にある。特に10代、20代からの人気の高さがうかがえる。CMも急増し7社に。さらには42歳にしてエランドール賞新人賞を受賞と、その勢いは止まらない。

スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めてつけた。

 山田孝之がトップ10に食い込んだのも今年の気になるポイントだ。主演映画『闇金ウシジマくん』シリーズ公開や連続ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズは16年。直近では『山田孝之のカンヌ映画祭』など、出演作はニッチなものばかりだ。しかし、「ジョージア」をはじめとするCMで強い存在感を放ち、音楽活動や会社設立など、俳優業以外でも独自の道を追求。その姿が熱い注目を集め、男性30代のスコアの高さに表れた。また女性20代での高スコアは、フォロワー240万人を超えるインスタグラムの影響。インフルエンサーとしての、今回の結果といえそうだ。

 藤原竜也も28位から12位へと大幅ランクアップ。さえない営業マンを演じた17年1月期の『リバース』が話題に。同年6月に公開された『22年目の告白 ‐私が殺人犯です‐』では殺人の告白本を出した美麗の謎の男を演じ切り、映画は興収24億円超のヒット。若き名優の面目躍如といった形だ。

 19位にランクインの松坂桃李は、近年は映画での活躍も定着。特に18年は、NHK朝ドラ『わろてんか』と並行して、『不能犯』『娼年』『孤狼の血』とダークな作風や衝撃作が続けて公開。30歳を目前に本格派俳優としてのポジションを確立していきそうだ。

ランキング

ALL CHANNEL