VRは仕事で生きる ゲームだけではもったいない西田宗千佳のデジタル未来図

VRゴーグル「Oculus Go」で使えるチャットシステム「Oculus Rooms」。自分の部屋に友人を招く感覚で、対話を楽しんだり、簡単なゲームをしたりできる
VRゴーグル「Oculus Go」で使えるチャットシステム「Oculus Rooms」。自分の部屋に友人を招く感覚で、対話を楽しんだり、簡単なゲームをしたりできる

仮想現実(VR)や拡張現実(AR)は、急速に実用化に向けて進んでいる。2018年は「Oculus Go」や「Mirage Solo」といった、パソコンやスマートフォン(スマホ)と連携する必要のない単体で動作するVRゴーグル(スタンドアローンVRゴーグル)の登場により、普及が進みそうだ。

VRにしろARにしろ、どうしてもゲームなどエンターテインメント用途を思い浮かべがちである。しかし、まず大きく花開くのは「企業向け」である。いままでのパソコンやスマホとは大きく違う機器が、なぜ企業に注目されるのか。一つにはコミュニケーションの向上、もう一つには工場など現場作業の手助けや研修といった用途だ。

ビデオ通話より「リアル」

VRの用途で大きな可能性があるのが「コミュニケーション」だ。写真は、スタンドアローンVRゴーグル「Oculus Go」用にOculusが提供している「Oculus Rooms」「Oculus Venues」というアプリケーション。Oculus Roomsは自分の部屋に友人を呼んで対話するようなサービスで、Oculus Venuesは、スタジアムや劇場を再現し、みんなで同じ映像を見るサービスである。

劇場やスタジアムを模した空間で、皆で一緒に楽しむ「Oculus Venues」。実際の劇場のように、見ながら近くの席に座る人と音声で話すこともできる

このサービスは、コミュニケーションの世界に大きな革命をもたらす。

「キャラクターになってチャットするだけでしょう? そんなの、昔からネットゲームでは当たり前だった」そう思う人もいそうだ。だがこれこそ、「見る」と「やる」とでは大違いである。Oculus Roomsを使っていて、自分の部屋に友人がやってくると、本当に友人がそこにいるように思える。友人の声が聞こえるから、というのもあるが、それだけではない。サイズが人間らしく表示されることや、首の動きが再現されることで、こちらに目線が合う瞬間がわかること、そして、ちょっとした手のしぐさがあること。そうした要素が目の前で起こることで、「人がそこにいる」感覚を、より強く感じるようになる。

ビデオ通話をしても、それに「リアリティーがあった」と思った人は少ないはずだ。顔は見えるが、小さな画面ごしの関係なので、「実際に会っている」ような感じはしない。画面を見ている顔をビデオカメラで撮影されても、目線がうまく合うことは少ないからなのではないか、と筆者は感じている。だが、VRで「人に会う」と、本当にリアリティーを感じるのだ。

人が会って話すときには、身振り手振りや表情、目線の一致といった、言葉にならない要素(ノンバーバル・コミュニケーション)が意外と重要な意味を持つ。我々は普段、それをあまり意識していない。VRはその一部を、相手に伝えることが可能になっている。だからこそ、より「会っている」感じがするのだ。

MONO TRENDY連載記事一覧