足立梨花のリラックス法 いつもブランケット欠かさず

女優として急成長を見せる足立梨花さんが、いつもブランケットを持ち歩く理由とは?
女優として急成長を見せる足立梨花さんが、いつもブランケットを持ち歩く理由とは?

映画や連ドラの主演作が相次いで公開され、女優として急成長を見せている足立梨花さん。「基本、寒がり」という彼女が持ってきてくれたモノは、一枚のブランケットだった。

◇  ◇  ◇

安いブランケットが高級ブランド品に

足立さんがお気に入りだというカシウエアのブランケット

「私は寒がりなので、いつもブランケットを持ち歩いてるんです。現場はどこの控室も、クーラーが利いているので。

もともとはすごく安いブランケットを使っていたんですけど、それを藤森慎吾さん(オリエンタルラジオ)に使われたんです。レギュラー番組の『特捜警察ジャンポリス』で、全身タイツのおなかのあたりに直で入れて、『これ、なーんだ?』とされて。『私のブランケット!』と怒って、ワハハとなって、収録は終わったんですけど。

その後、藤森さんが謝りにきたんですよ。『勝手に使って、しかも地肌に付けてしまって、申しわけございませんでしたっ!』と(笑)。そして『代わりに新しいのを買ってあげる』とケータイを出して見せてくれたのが、カシウエアのブランケットだったんです」

カシウエアは、柔らかな素材感が人気のブランケットブランド。高級ホテルで使用され、アカデミー賞やグラミー賞のギフトにも選ばれるなど、セレブ御用達として知られる。足立さんが選んだのは、ダマスク柄のハーフブランケットだった。

「『女子だったらカシウエア、好きでしょ? 何でもいいよ』と言ってもらったので、『いいんですか~?』と、まあまあお高めの、このブランケットに(笑)。ふわふわして温かそうなところと、ピンクと白の柄がいいなと思いました。

実際に使ってみたら、素材が分厚くて、やっぱりすごく温かいんですよ。触り心地も良くて、めちゃくちゃ寝れます(笑)。ちょっと空き時間があると、これにくるまって眠ったりしていますね。すごく気持ちいいです。

あれから2~3年たつんですけど、ありがたいプレゼントをいただいたなと思って、今でも使い続けています。それにしても、あんなに安いブランケットが、こんなに高いものになっちゃって。だいぶもうけたなと思いますね(笑)」

実はブランケットは、ほかにも多数持っているという。

「そもそもブランケットが好きなので、いっぱい買う癖があって。サイズの大きいものや小さいもの、素材感の違う、いろんな種類のものを持っています。

仕事のために風邪をひきたくないっていうのもあるんですけど、そもそも、こういうものが肌に触れていると落ち着くんですよ。子どもの頃から、そうだったみたいですね。お気に入りのタオルケットをずっと放さなかったって、聞いたことがあります。

そういう意味では、落ち着くためのリラックス法の1つなのかもしれないです。ブランケットを持ち歩くっていうのは」

「私はこういう毛布系の素材が好きなんですよね。だから早く秋になって、早めに毛布を出したい、みたいな。フワフワした厚手の生地に全身くるまれたいです(笑)」

なぜ私が宇都宮の地方創生ムービーに?

6月22日に全国公開される主演映画は『キスできる餃子』。バツイチのシングルマザー・陽子が、実家のギョーザ店再建と新たな恋に奮闘するラブコメディーだ。

MONO TRENDY連載記事一覧