つみたてNISA、半数が満足 日経マネー1万人調査仮想通貨「今後は投資しない」5割

日経マネー

1月にスタートした積み立て型の少額投資非課税制度「つみたてNISA」を個人投資家の4人に1人が利用し、その半数が同制度に満足していることが、雑誌「日経マネー」の調査で分かった。投資歴1年未満の層では、利用率が4割近くに達する。低コスト・低リスクで20年の長期にわたって非課税で運用ができる同制度が、投資未経験者を呼び込んでいる様子がうかがえる。

20~30代が長期の資産形成に乗り出す

日経マネーが毎年実施する「個人投資家調査」は今年で12回目。4月13~30日にインターネット上で実施し、1万3137人から回答を得た。

調査によると、つみたてNISAを利用していたのは3172人。若い世代の利用者が多く、20代、30代の利用率はそれぞれ約3割に達した。投資歴が浅い層ほど利用率が高い傾向で、投資歴1年未満の利用率は37.6%、1~3年未満は24.9%にのぼる。

2017年に制度が拡充された個人型確定拠出年金(iDeCo)は23.7%が利用。年代では40代の利用率が最も高く(31.7%)、30代(29.8%)が続いた。投資経験でみると、投資歴1~3年未満の利用率が28%と最も高く、次いで1年未満(25%)だった。

両制度とも、利用者の半数超が制度に「満足」「非常に満足」と回答。税制優遇を受けながら資産形成ができる両制度を評価している投資家が多数派だ。

ロボアド、利用者の6割以上が30~40代

コンピューターのアルゴリズムに基づき資産運用を行う「ロボアドバイザー」は12.1%が利用。利用者の6割以上を30~40代が占めた。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし