MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

海に山にゲーム観戦に くつろぎアウトドアチェア3選

日経トレンディネット

2018/7/1

折り畳みタイプの木製アウトドアチェアは屋外で活躍するほか、リビングやバルコニーでもインテリアとして使いやすい
日経トレンディネット

キャンプやピクニックなどで活躍するアウトドア用品で最初に手に入れたいものの一つがチェア。アウトドアでだけでなく、スポーツ観戦時などに幅広く活用できる。アウトドアアクティビティーの休憩、スポーツ観戦時など幅広く活用できるため、年々多様化している。

なかでも大人キャンプに合うのが折り畳みタイプの木製アウトドアチェア。森やビーチなどの屋外で使うことはもちろん、リビングやバルコニーを彩るおしゃれインテリアとしても使いやすい。

■座面高36cmで座ると体が包み込まれる心地良さ

スノーピーク「Take!チェア ロング」(希望小売価格1万8800円、税別)

スノーピークの「Take!チェア ロング」は、竹を使用した中央収束タイプの折り畳みアウトドアチェアだ。

脚部分は竹集成材のメイン脚に、アール曲線の付いたアルミフレームをX字に組み合わせた作りで、強度を維持しながら美しいデザインに設計されている。座面高は36cmで、座布には丈夫な6号帆布を使用。4本のメイン脚にかぶせるように装着されるため、座ると座布に体を包み込まれるような感覚になる。また、ゆったり座れるようアームレストベルトが付いている。

サイズは59.5×80×95cmで、収納サイズは10×15×128cm
幌馬車の幕体としても使用される丈夫な厚手6号帆布を採用する座布は、汚れたら取り外して洗濯できる

サイズは59.5×80×95cmで、収納サイズは10×15×128cm。中央収束タイプなので、広げるだけで簡単にセットできるのもポイント。

MONO TRENDY 新着記事

ALL CHANNEL