インク進化で一変 最新油性ボールペン、書き味を点検

日経ウーマンオンライン

「ビクーニャ エックス」(ぺんてる)

軸のカラーは「ブラック」

ぺんてる「ビクーニャ エックス」は、超低粘度インキの「ビクーニャインキ」を搭載した、滑らかに書ける油性ボールペンです。値段は100円(税抜)。

書き心地は?

くっきりとした筆跡がポイント

筆圧の強弱問わず、書きやすい油性ボールペンです。「書いた瞬間から気持ちいい」をコンセプトに作られていて、書き始めのカスレを限りなく最小限にとどめられる点がポイントです。インクの色も発色もよく、しっかりはっきりとした線を書けます。

裏面です。裏移りは、ほとんどありません
握りやすいラバーグリップ

軸は上部が細く下にいくにつれて太くなっているため、書いている時に重心が安定しやすい構造になっています。ラバーグリップには波のような模様が入っていて、滑り止めの役割を果たしてくれます。

【ビクーニャ エックス】
書き心地 …… しっかりさらさら書ける
持ちやすさ …… ラバーのくぼみで滑りにくい
インク色 …… 黒・赤・青

自分好みの1本を見つけてみては?

お気に入りを見つけよう!

油性ボールペンは普段使いだけでなく、手紙やはがきの宛名を書いたり公共の書類の記載などさまざまなシーンで活躍します。ペンの持ちやすさや、書き心地など1本1本違うので自分に合う1本を見つけてみてはいかがでしょうか?

(ライター やまぐちまきこ 写真 やまぐちまきこ/スタジオキャスパー)

[nikkei WOMAN Online 2018年5月11日付記事を再構成]