WOMAN SMART

グッズ・サービス

インク進化で一変 最新油性ボールペン、書き味を点検

日経ウーマンオンライン

2018/6/18

油性ボールペン4本を厳選チェック
日経ウーマンオンライン

皆さんは普段使いや手帳に書くときなど、どんな筆記用具を使っていますか? ペンの数だけ好みもあると思いますが、中でも油性ボールペンを愛用している人も多いのではないでしょうか。今回は、年々インクが改良されていて、書き心地がとてもよくなっている人気の油性ボールペンを大調査してみました。

今回、4つのメーカーの油性ボールペンを、同じ条件で書き比べています。ペン先の太さはすべて0.5mmを使用。オフィスでよく使うA4のコピー用紙に文字や記号を書きました。それぞれのペンの特徴や書き心地や持ちやすさだけでなく、手帳に書くときに細かな文字を書けるかなども併せてチェックしています。それでは早速見ていきましょう!

「ジェットストリーム スタンダード」(三菱鉛筆)

写真左が軸のカラーが「アプリコット」右が「黒」

2006年に登場してから大人気の三菱鉛筆の「JETSTREAM(ジェットストリーム)」シリーズ。軸デザインのバリエーションが豊富ですが、中でも定番なのが「ジェットストリーム スタンダード」。値段は150円(税抜)です。

書き心地は?

0.5mmの中でも細かい文字が書きやすい

「クセになる、なめらかな書き味。」を実現した、世界初の画期的な新開発「低粘度油性インク」が使われています。低い筆記抵抗で、滑らかに書けるのが最大の特徴です。筆圧の強弱問わずスラスラと書くことができます。とめ・はね・はらいを書いてもインクのダマがほとんどできません。手帳に書くような細かい文字も奇麗に書けます。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL