ヘルスUP

フィットネス

いつでも手軽に 上半身鍛える手のひらトレーニング 最短で筋肉が鍛えられる自重筋トレ(10)

日経トレンディ

2018/7/6

■パーム・プル

手の指を組み合わせて、互いに引っ張り合う力で、僧帽筋などの背中の筋肉を刺激する。パーム・プッシュとセットで行うといい。デスクワークで肩が凝ったときに、リフレッシュになる。

■パーム・カール

腕を曲げる力を鍛える「アーム・カール」を、両手で押し合う力を負荷として行う方法。下側の手で上側の手を持ち上げようとする動きで、上腕二頭筋を鍛える。同時に、上側の手にも負荷をかけられる。

■パーム・エクステンション

「パーム・カール」の逆で、腕を伸ばす筋肉を鍛える。下側の手を上側の腕を伸ばしながら下げる力で、腕の外側にある上腕三頭筋を鍛える。こちらもやはり、下側の手も同時に鍛えることができる。

比嘉一雄さん
CALADA LAB.代表。1983年福岡県生まれ。早稲田大学スポーツ科学部卒業後、東京大学大学院に進学。石井直方氏の下で、研究と現場を両方知るトレーナーとして活動を開始。科学的根拠に基づく「えびすメソッド」を考案した。『自重筋トレ 100の基本』(エイ出版社)など著書多数。

[日経トレンディ2018年4月号特別付録記事を再構成]

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL