WOMAN SMART

グルメ・トラベル

一歩入れば異国 4泊から楽しめる日本発外国船の旅 [後編]日本発着の「外国船」とフライ&クルーズ

2018/6/12

「ダイヤモンド・プリンセス」の3層吹き抜けのアトリウム(写真:津田千枝)

 昨今、日本の全国の港に、外国客船が続々と来航しています。「長期の休暇が必要」という印象が強い外国船クルーズですが、実は日本発着の外国船は、4泊5日から楽しめます。

 前回の記事「海上花火・クジラと遭遇 絶対行きたい日本のクルーズ」では、日本発着の日本船のコースを紹介しました。後編の今回は、日本に発着する船を中心に魅力的な外国船を紹介するとともに、おすすめのコースや船をクルーズの専門家に聞きました。

■子連れにもやさしい日本発着の外国船

 日本発着の外国船が日本船と違う点は、まず客室が広めで、価格は比較的安めなところ。海側バルコニー付きやスイートなどあこがれの客室も、ちょっと背伸びすれば手が届きやすいといえます。

 また、外国船は船内が国際色豊かなので、一歩船内に入れば外国に瞬間移動した気分になれます。

 キッズルームやキッズ向けのイベントが充実しているのも特徴です。「船内では迷子になることもなく安全に遊べて、飲食の選択肢も豊富。国を超えてお友達もできそう。子連れにはすごくいい」という声がありました。子どもを連れての海外旅行はいろいろな気苦労や心配がつきものですが、クルーズなら子どもを預かってもらい、親はゆっくりリフレッシュすることもできます。子どもクルーズ料金が無料の船があるのもうれしいところです。

■洋上の星空シアターは必見「ダイヤモンド・プリンセス」

 まずご紹介するのは「ダイヤモンド・プリンセス」。英国籍の客船ですが、三菱重工業長崎造船所で造られた国産客船です。ちょっとぜいたくな家族旅行や女子同士の旅にぴったりな客船です。2019年は、4泊の船旅がゴールデンウイークに設定されているので、初心者やグループ旅行には事前にプランしやすい船旅です。横浜発、神戸着で釜山(韓国)に行きます。

日本生まれの英国籍の客船「ダイヤモンド・プリンセス」(写真:津田千枝)

 約12万トン、全長290.2メートル。動くリゾートホテルのような巨大な大きさの船体が、一気に非日常へと誘います。船内に一歩入れば、ゴージャスな金色のアトリウム(3層吹き抜けのロビー)に迎えられます。旅慣れた外国人乗客や、外国人スタッフの陽気さが、さらに雰囲気を盛り上げてくれます。

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL