マネー研究所

人生を変えるマネーハック

つけ忘れの心配無用 家計簿アプリ、スマホで楽々管理 スマホアプリをマネーハック(2)

2018/6/11

写真はイメージ=123RF

 今月のマネーハックのテーマはスマートフォン(スマホ)アプリの徹底活用です。もちろん、アプリを使ってスマホでゲームをしようとか、見栄えのよい写真を投稿しようとかいう内容ではありません。スマホアプリをお金の問題を解決するツールとして注目してみようというのが今回の趣旨です。今週は家計簿アプリや口座管理アプリを取り上げます。

■家計簿アプリは時代の変化をキャッチアップ

 スマホを持っていて、使わなければ絶対損、というもののひとつに家計簿アプリがあります。

 あなたは家計簿に次のようなイメージを持っていないでしょうか?

 「子どもが寝静まった夜中にまとめてつける」

 「記帳漏れ項目が思い出せずにうんうんうなる」

 「電卓を何度もたたいて再計算する」――もしそうしたイメージを持っていたとしたら、それは百パーセント時代遅れです。

 家計簿は今やスマホアプリの活用により、

 「昼間のすきま時間にサクッと記帳を終わらせる」

 「アプリに自動的に記帳させる」

 「月別、費目別の分析は自動計算しグラフ化してもらえる」――ようになったからです。

 お金の問題を改善するとき「何に、いくら使っているか」を一度は把握・分析する必要がありますが、そのために欠かせないのは家計簿のデータです。

 ネット調査会社のマクロミルが実施した家計管理に関する調査によれば、家計管理を主に自分自身でやっている人(全体の57.9%)のうち、紙の家計簿を利用している人は26.6%いたそうですが、家計簿アプリの利用は14.7%にとどまりました(何も使っていない人は41.5%)。これはとてももったいないことだと思います。

■アプリの自動記帳の機能は進化中

 家計簿といえば「つけ忘れ」がいつも問題となります。最近ではクレジットカード決済や電子マネー決済が増えてきましたが、スマホ家計簿はこうした時代の変化にもキャッチアップが進んでいます。オンラインバンキングやクレジットカード、電子マネーといった複数の決済手段について、アカウントとID、パスワードを家計簿アプリに登録しておくと、利用状況を吸い上げて、自動的に記帳を行ってくれるからです。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL