MONO TRENDY

ヒットを狙え

若い女性の「甘い香り」 ボディーソープで補う

日経クロストレンド

2018/6/13

ロート製薬は、女性のにおいケアに特化したブランド「デオコ」を立ち上げた(写真はイメージ=PIXTA)
日経クロストレンド

 ロート製薬が、女性のにおいケアに特化したブランド「デオコ」を新たに立ち上げた。その第1弾となるボディーソープが、「デオコ薬用ボディクレンズ」だ。

ロート製薬「デオコ薬用ボディクレンズ」
ロート製薬「デオコ薬用ボディクレンズ」 
●実勢価格/1077円(税込み) 
●容量/350ml(約58回分)、詰め替え用は250ml(税込み702円)

 ロート製薬によれば、女性特有の甘い香りのもととなる「ラクトン」は、加齢とともに減少する。同商品は、そのラクトンを含む香料を採用したことが特徴で、若い頃の甘い香りを補う効果が期待できるという。また、においのもととなる汚れや皮脂を吸着する「白泥」も配合されている。

においをもとから吸着するために白泥を使用。肌にまとわり付くような強い粘り気があった

 ターゲットは30~40代の女性。「デ・オウ」ブランドで男性向けデオドラント市場を開拓してきた同社は「女性のにおいの悩みを解決する機能性を打ち出し、ブランドの柱に育てたい」と語る。ボディーソープに続く今後の商品展開も検討しているという。

ヒット予報
 「年齢とともに失われる香りを補う」という発想は新しい。ただ万人に向けた商品ではないため、家族での共用などはあまり見込めないだろう。ターゲットの30~40代女性に、どこまで訴求できるかが課題だ。

(日経トレンディ編集)

[日経トレンディ 2018年6月号の記事を再構成]

新市場を創る人のデジタル戦略メディア、4月スタート

企業の成長に欠かせない新規事業の推進と新商品・サービスの開発――デジタル戦略メディア「日経クロストレンド」は、「新市場の創造」に挑戦するビジネスパーソンにマーケティング戦略やテクノロジー活用事例などの最新トレンドを解説。商品ジャンルや業種を超えて掛け合わせた(=クロスさせた)本物のトレンド情報を毎日お届けします。


MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL