御社はどこまでOK? ビジネスカジュアルの限界点有名企業の社員84人に聞きました

MEN’S EX

2018/6/8

Q1.カジュアルに通勤できる日は週にどのくらいありますか?

「週1」と答えた人は会社で「カジュアルフライデー」などの、特別な制度を設けている企業の人が多数。逆に、5月からスタートしたクールビズそのものがカジュアルOKということで「週4以上」と回答した人が全体のなかでも多数を占めていて、暑い時期の働き方をより快適に設定する企業が多いことが窺えた。

Q2.クールビズ時期において、ジャケット着用が必要な日は、週にどのくらいありますか?

営業担当、または内勤でも来客があるときはジャケット着用は必須。持ち歩くことも多いようだが、カジュアルOKなドレスコードの職場でも、急にフォーマルな服装が必要になる場合に備え、ジャケット込みのカジュアルが基本と言える。

Q3.ネクタイを着用するのはどのようなときですか?

クールビズが浸透していることもあり、ジャケットは着用してもネクタイはしないことが多いという回答が多数。上記以外で多かった回答としては、「ネクタイをした相手に会う場合」。また「この時期にタイドアップして暑苦しく見えない着こなしができる人は、逆に好感度が高いと感じる」(保険会社勤務34歳)という意見も。

Q4.通勤にデニムは、穿いて行けますか?

完全にNGとする会社も多いが、会社のドレスコードが比較的自由な会社でも、カジュアルすぎを懸念してデニムを自主的に控えている人は多い。「白やグレーなら穿いていける」(自動車メーカー勤務43歳)という意見も。その一方で、ドレスコードをより自由に改革し、デニムを容認するようになった会社も出てきている流れが見てとれる。

Q5.カジュアル通勤の日にデニム以外で穿けるパンツは?

(左)チノパン/幅広い職種、年齢、堅めドレスコードのビジネスマンに、もっともよく穿かれているビジネスカジュアルのボトムスの一つ。「クリースが入っていればなお通勤にとり入れ易い」(国内系銀行勤務39歳) という意見は多数。

(中)5ポケットパンツ/「折り目(センタークリース)がないパンツは難しい」(不動産会社勤務48歳)という会社も複数聞かれたが、比較的取り入れられているアイテム。「色落ちが激しかったりだらしなく見えなければOK」(外資系銀行勤務36歳)

(右)イージースラックス/「カジュアル度がワンランク上がる気がする」(パナソニック 田島さん) 「クリースが入っているか、入っていないかで、着ていけるかどうかの可否が決まる」(外資系メーカー勤務44歳) とハードルは高い。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019