MONO TRENDY

Bizギア・フラッシュ

上品さ+ゴム長級の防水 雨が楽しいビジネス靴3選 雨の日も安心 最新防水シューズ(下)

2018/6/8

ウイングチップ、ローファー、チャッカブーツ。見た目は普通のビジネスシューズにしか見えないが、どれも防水力が高いレインブーツだ

 雨のシーズンになると気になるのが足元。最近は防水に見えないデザインの靴が増えている。「梅雨の通勤が快適 スーツに合う本革の防水ビジネス靴」「防水なのに軽快デザイン 梅雨に履きたいスニーカー」に続いて、今回紹介するのは前2回を上回る防水性を持つ靴3モデル。「ゴム長」クラスの完全防水なのに、ビジネスにも対応する上品さが魅力だ。

■雨上がりも違和感ないハンターのローファー

HUNTER「Original Penny Loafer」(1万5000円)※税別、以下同

 1856年設立のレインシューズブランド、ハンター(HUNTER)。英国王室も愛用するブランドとしても知られるハンターは、日本でもラバーブーツが女性から圧倒的な支持を得ており、雨の日の電車ではハンターのブーツを履いている女性を見かけることも多い。

 ハンターのフットウエアは、すべて防水・はっ水性を備えているのが特徴で、老舗ブランドだけに信頼性も高い。ラインアップは女性向けシューズが多いものの、なかにはメンズ展開モデルもある。今回紹介するペニーローファーもそのひとつだ。

滑りにくいソールなど、雨の日の歩行をサポートする機能がプラスされている

 ハンターのレインブーツなどに使われている天然ラバー素材を用い、ハンドクラフトによりパテントレザーのような光沢を実現。ゴム製シューズには見えない上品なルックスに仕上がっているため、ビジネスウエアにも難なく合わせられる。雨の日はもちろんのこと、雨が上がっても違和感なく着用できる。

 「ブランド全体の売り上げは好調に推移している」というハンターだが、Hunter Japan PR&マーケティング アシスタントマネージャーの長谷川亜紀氏によると「梅雨の時期は特に需要が高まる」とのこと。「ペニーローファーは完全防水仕様ながらスタイリッシュで、スーツスタイルにもぴったり。雨の日の通勤から旅行やレジャーまで、日常的に使える全天候型シューズとなっています」

■まるで本革製 レインファブズのチャッカブーツ

RAINFUBS「PLUBO」(1万円)

 レインブーツ専門ブランド、レインファブズ(RAINFUBS)のチャッカブーツは、PVC(塩化ビニール樹脂)製の完全防水でありながら、まるで本革のようなルックスが特徴だ。

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL