夏のキャンプ コットン混紡テントでたき火も安心

日経トレンディネット

「ポリコットン」素材のテントやタープを見かける率が上がってきている
「ポリコットン」素材のテントやタープを見かける率が上がってきている
日経トレンディネット

この夏はキャンプを楽しみたい、などと考えている人も多いはず。そのキャンプに欠かせないテントにちょっとした異変が起きているという。一般的にテントに使われる素材と言えば、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維がこれまでは主流だった。これは防水性、軽量性、コンパクト性に優れており、アウトドアに最適だからだ。だが、ポリエステルとコットンを混紡した「ポリコットン」素材のテントやタープを見かける率が上がってきている。

「ポリコットン」はおしゃれで高機能?

2017年秋発売のムック『CAMP LIFE 焚き火主義』(山と渓谷社)を編集した、アウトドアに詳しい渡辺有祐氏は、ポリコットン素材の広がりを「グランピングブームでポリコットン素材のテントを目にする機会が増え、おしゃれさを求めるユーザーの心をつかんだことが大きいのでは」と話す。

ぬくもりのある肌触りと、ナチュラルな見た目が特徴。画像はテンマクデザインのTCタープ

グランピングで見かけるおしゃれテントの代表はデンマーク発のアウトドアブランド、Nordisk(ノルディスク)。居住性の高さや見た目の高級感から、流行とおしゃれに敏感なユーザーの目に留まるようになった。

また、ナチュラル感のあるアースカラーの生地もポイント。以前、渡辺氏が取材したキャンプ系インスタグラマーは「ポリコットン素材は色味が派手すぎず主張しないため、ほかのアイテムと合わせやすい。おしゃれにも見える」と話したという。

ポリコットン素材は、たき火を楽しむキャンパーからも注目されている。群馬県北軽井沢にある人気のオートキャンプ場『北軽井沢SweetGrass(スウィートグラス)』でマネージャーを務める玉井宏和氏は、「キャンプに来てたき火を楽しむユーザーが年々増えているように感じる。ファミリーやシニア層など、年齢を問わずトライしている」と話す。

そんなたき火ブームに目を付けたのが、アウトドアギアを多数展開するtent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)。ポリコットン素材のタープを2012年に発売して以来、続々とモデル数を増やしている。

同ブランドのプロデューサーである根本学氏は、シルナイロン製タープの開発中に、ふと「ポリコットン素材で作ったら、たき火に強い製品ができるのではないか?」と思いつき製品化したところ、大当たり。たき火を楽しむキャンパーからすぐさま人気に火がついた。

テンマクデザインが初めてポリコットン素材を使ってリリースしたモデル「ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version」の初期モデル

コットン混紡なのに、防水性を兼ね備える

テントなどの「幕もの」に主流のナイロンやポリエステルは、たき火の火の粉で穴が開きやすい弱点がある。このためたき火のすぐ側では使いにくく、風向きも考慮する必要がある。テントはものによって5万~10万円を超える高価なものもあるので、簡単に穴を開けたくない。しかしリラックスするためにやってきたキャンプで神経を使ってもいられない。

MONO TRENDY連載記事一覧