WOMAN SMART

マネー

ポイント、賢くためて運用 再投資でさらに増やす

日経ウーマン

2018/6/7

ポイントをうまく活用すればスマホ契約でもトクをする(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマン

 クレジットカードやネットショッピング利用でたまるポイントプログラムが進化し、「ポイント獲得活動=ポイ活」で、たくさんのポイントがたまるシーンがどんどん増えています。ポイント達人の菊地崇仁さんに、効率良くポイントをためるワザを聞きました。

※ポイントプログラムの内容などは2018年4月時点。記事中では1ポイントを1ptと表記。

【新ポイントためワザキーワード】

1 通販はポイントアッププログラムを上手に使う
 楽天市場とYahoo!ショッピングはポイントアップの機会が豊富。おトクになる条件をクリアしてポイントをためよう。

2 ポイント2重・3重取りのチャンスを逃さない
 「クレカ払いとポイントカードの提示」「クレカで電子マネーにチャージ」など、ポイントを2重、3重でもらえるシーンが続々。逃さずチェック!

3 スマホ契約でおトクになるサイトでお買い物
 楽天市場なら「楽天モバイル」、Yahoo!ショッピングなら「ソフトバンク」。それぞれスマホを契約するだけで、買い物のポイントがアップ!

4 最もおトクな「ポイントの出口」を決めておく
 同じポイント数でも、何に使うかで、その価値は変わってくる。使い勝手が良く、効率良くたまるポイントを選んで着実にためよう。

おトクなポイ活テクニックを紹介

 ひとつの出費から生み出せるポイントを、さらに上乗せできるテクはたくさんあります。覚えておいて損はない、プラスαの習慣を取り入れて、ポイ活(ポイント活用)ライフをバージョンアップさせよう。

【テクニック1】ポイントサイトを使う
ネットショッピングにひと手間加えてためる

 ネットで買い物をする際は、そのままショッピングサイトに入るのではなく、ポイントサイトを経由しよう。「ポイントサイトを経由することで、ポイントサイト独自のポイントをためられます。ためたポイントは、共通ポイントやマイルに交換できるので、実質的な還元率のアップに」。ポイントサイトで会員登録し、行きたいショップのバナーをクリックしてショップに飛ぶ。あとは普通に買い物するだけだ。「ポイントサイトに目当てのショップがあるか、交換したいポイントに対応しているか、交換レートや手数料なども確認を」。

サイト経由で買い物をするとWでポイントがもらえる

 例えば、ポイントサイトを経由して楽天市場で買い物をすると、楽天のポイントとポイントサイトのポイントがもらえる。

サイト独自のポイントは好きな共通ポイントと交換できる

 ポイントサイトの独自ポイントは、Tポイントや楽天スーパーポイント、nanacoポイントといった共通ポイントに交換できる。

ポイントサイトを経由すればショッピング以外でも独自ポイントがたまる

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL