2018/6/11

「小惑星衝突という地球規模の大災害は、こうした生物群の進化の道筋に消えない痕跡を残したため、6600万年後の今になってもまだ識別することができるのです」

焼け野原から生態系が復興した

この仮説を裏付けるため、フィールド氏らは、独立した情報源から大量の証拠を収集した。集められた証拠には、新たに作成された現生鳥類の巨大な系統樹、新たに発見された化石鳥類からの手がかり、小惑星の衝突直後に堆積した岩石層中の胞子や花粉の分析結果などが含まれていた。

「少しずつ研究を進めました」とフィールド氏は言う。

最初に行ったのは、進化史とともに鳥類の生態環境がどのように変化したかの分析だった。1万種以上の現生鳥類の進化的な関係を検討した研究チームは、初期の生き残りの鳥たちが地上性だったと見られることに気づいた。これは、この鳥たちが生き残った当時に地球規模の森林破壊があったことを示唆している。

米国プラシッド湖にいるカモの仲間、カワアイサ(PHOTOGRAPH BY MICHAEL MELFORD, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

「分析結果は、現生鳥類の最も新しい共通祖先と、白亜紀の終わりの大量絶滅を生き延びたすべての系統の鳥類が、地上性であったことを示唆していました」とフィールド氏は言う。

研究者たちは以前から、小惑星の衝突によって世界中で森林火災が発生したと推測していた。けれども今回の研究チームは、この推測をさらに進めて、森林は完全に破壊されたと主張する。共同研究者である米スミソニアン国立自然史博物館の古植物学者アントワン・バーコヴィチ氏は、ニュージーランドと米国を含む世界中の多くの地域から岩石中に含まれている胞子や花粉の化石の個数のデータを収集した。

小惑星の衝突から1000年ほどの間に形成された薄い岩石層では、岩石中に含まれる胞子の70~90%がわずか2種のシダに由来していた。

次のページ
新しい問い
ナショジオメルマガ