人脈作りも健康もAIアプリで 仕事女子のスマホ術

日経ウーマンオンライン

ビューティーライフデザイナー HALU(はる)さん(写真左)とラブグラフ取締役CCO 村田あつみ(むらた あつみ)さん(写真右)
ビューティーライフデザイナー HALU(はる)さん(写真左)とラブグラフ取締役CCO 村田あつみ(むらた あつみ)さん(写真右)
日経ウーマンオンライン

仕事でもプライベートでも手放せないスマートフォン(スマホ)。忙しい中でも時間を上手に活用して働く女性たちは、どんなアプリを使っているのでしょうか。今回登場するのは、出張写真撮影サービス「Lovegraph」を運営するラブグラフ取締役CCO(最高商務責任者)の村田あつみさんと、「食」を通じたライフスタイルを提案するビューティーライフデザイナーのHALUさんです。最新のアプリに詳しいお二人に、愛用中のアプリやスマホとの付き合い方を教えてもらいました。

よく使うカメラアプリは「VSCO」「Camera360」「Foodie」

──村田さんもHALUさんもiPhoneユーザーで、よく写真を撮られるそうですが、どんなカメラアプリを使っていますか?

村田:「VSCO」「Camera360」「Foodie」の3種類を用途によって使い分けています。

iPhoneに入っている標準のカメラはほとんど使ってなくて、代わりに「Foodie」を通常のカメラとして使っています。シャッター音が鳴らないので、イベントに参加したときや公共の場で使うときに便利ですよ。操作性もいいし、フィルターのセンスもいい。特にフィルターは、ラブグラフのカメラマンにも好評なので、食べ物だけでなく、人を撮るときや自撮りをするときにもおすすめです。

「Camera360」は自撮り用、「VSCO」は画像編集用として使うことが多いです。「Camera360」は、ナチュラル感は残しつつも自然に盛れるので、自撮りに向いていると思います。「VSCO」は撮った写真を調整できる項目が多く、プロ仕様の画像に仕上げられるので、SNS(交流サイト)にアップする写真をキレイに加工するときなどに使っています。

村田さんおすすめの「VSCO」。写真の明るさや色相、彩度まで編集できる
注目記事
次のページ
「画像」か「文章」かでアプリを使い分け