グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

大阪で人気のスパイスカレー 東京・下北沢で味わう

2018/6/4

「旧ヤム邸 シモキタ荘」の3種類のキーマカレーが味わえる「ぜんがけ」

 2017年7月、東京・下北沢にオープンした、大阪発の「旧ヤム邸 シモキタ荘(以下、シモキタ荘)」が人気を集めている。テレビや雑誌などでも多く取り上げられ、店名を聞いたことがある人もいるのではないだろうか。

Summary
1 大阪のスパイスカレー店が東京・下北沢にオープン
2 スパイスカレーは大阪発祥の創作カレー
3 カレーは常時3種類提供 「ぜんがけ」がおすすめ

「旧ヤム邸」のカレーといえば、「スパイスカレー」である。スパイスカレーは、大阪発祥の創作カレーのことらしい。明確な定義はないが、一般的に言われているのが本場インドにはないスパイスの使い方をして、和だしを使ったり、ワンプレートに副菜やサラダをのせたり、見た目も色鮮やかに盛り付けるといった創意工夫をみせるカレーのことだ。

 大阪ではスパイスカレー店が多くあるという。その中で「旧ヤム邸」はこうした人気の盛り上がりを支えてきた店の1つと言っていいのではないだろうか。オープン日には大阪在住のファンまでが駆け付けたという。東京初出店のために、わざわざ大阪からお祝いにくる根強いファンがいるとは驚きだ。

「シモキタ荘」が提供するスパイスカレーはキーマカレーがメイン。2018年2月にメニューを変更し、現在は月替わりのカレーが3種類提供されている。客は全種類味わえる「ぜんがけ」または2種類味わえる「あいがけ」から選ぶことができる。味のバランスを考えて3種類作っているそうなので、ぜひ「ぜんがけ」を味わってもらいたい。メニューはツイッターで告知している。

「ぜんがけ」を上から見るとかなりのボリューム

 取材した日、提供していたのは「鮪(まぐろ)のピックルと食べる しらす入りほんのり梅の鶏キーマ」と「水菜とパセリのサンボーラのせ ヒヨコ豆と人参のSpicyポークキーマ」、そして「4種きのこ忍ばす黒辛いキーマに爽やか柿ディップのせ」。さらに「鶏モモ肉とピーマンを煮込んだ香味スープ」が付いていた。

 ごはんは「ターメリック(ひとめぼれ使用)」「玄米」「ジャスミンライス」の3種類から選べる。「ターメリック」を選ぶと、ごはんの上にタマネギのピクルスと、トマト、バジルがのっていた。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL