WOMAN SMART

鈴木ともみの気になるハナシ

パルムドールに貢献 松岡茉優の真っすぐな「前進力」

2018/6/1

私が最近、注目している女優の一人が松岡茉優さんです。23歳と若手でありながら、確かな演技力で仕事に真っすぐ向き合う姿勢には定評があります。妹のような雰囲気とその真っすぐな「前進力」で自分の周りにいればかわいくて仕方がないと思えるような女優さんです。

そんな彼女をテーマに原稿を書きたいと考えていたら、出演作の『万引き家族』(是枝裕和監督)が第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた、というニュースが飛び込んできました。日本映画としては21年ぶりの快挙です。

■公式会見の場で号泣

(イラスト:川崎タカオ)

カンヌから届いた話題で特に私が注目したのは、公式会見の場で松岡茉優さんが号泣したというニュースです。

是枝監督が女優・樹木希林さんの存在の大きさについて語る中、キャストの松岡さんが大粒の涙を流す一幕があったとのこと。

私も改めて公式のYouTube動画にて会見の模様を拝見しましたが、是枝監督が『海よりもまだ深く』『海街diary』『そして父になる』等、数多くの作品で樹木さんを起用する理由について質問された際、「僕は自分がつくるものを希林さんが出ていただけるものにするために努力をします。努力しないで甘いまま彼女の前に立つと見透かされるので、希林さんの前では恥ずかしくない監督でありたいと思っているんです。そういう役者がいることは監督にとって大切です」と、樹木さんの存在の大きさについて熱く語っていました。と同時に、その横並びで会見に応じていた松岡さんの目からとめどない涙があふれ出てきたのです。

監督と樹木さんとの信頼関係や熱い絆のエピソードに触れ、その言葉一つひとつに松岡さんが感動している様子が美しい涙から伝わってきました。

23歳とはいえ、役者として松岡さんの演技力は高い評価を得ています。第36回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を含む3部門で最優秀賞を受賞した『桐島、部活やめるってよ』(2012年)では、今どきの女子高生役を自然体で演じ、その演技力の高さが様々なメディアで話題になりました。

その後もNHK連続テレビ小説『あまちゃん』や大河ドラマ『真田丸』など話題のドラマに出演し、最近では『水族館ガール』(NHK)などTVドラマでも主役を務めるまでに成長しています。若くして、役者としての実力は十分に発揮され始めていると言えるでしょう。

一般社会で23歳といえば、大学卒業後に社会人2年目になった頃。企業人としてはごく若手の部類です。上司や先輩からしてみれば若手として思う存分に力を発揮してもらいたい年代です。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
日経ARIA
マレーシアに7年住み知った 移住に向く人、向かな
日経doors
読者9割「メンターが必要」 欲しいアドバイスは?
ALL CHANNEL