WOMAN SMART

ヘルス

もしや更年期障害? 甲状腺の機能低下も確認を 不調が続く甲状腺疾患(下)

日経ヘルス

2018/6/18

写真はイメージ=PIXTA
日経ヘルス

甲状腺の病気は女性に多く、症状が似た更年期障害や産後うつなどと間違われることもあるが、きちんと治療すれば元気を取り戻せるという(前回記事「若い女性の大量発汗・体重の異変… バセドウ病かも」はこちら)。3回目は甲状腺ホルモンが少なくなって発病する甲状腺機能低下症について説明する。

◇  ◇  ◇

すぐに疲れる、やる気が出ない、食べる量は同じなのに太る、むくみもひどい、体が冷える、月経が不順、肌がカサカサ、抜け毛も気になる。なんだかぐっと老けこんだみたい──。

これらの症状に思い当たる人は甲状腺機能低下症かもしれない。必要な甲状腺ホルモンを作ることができず、全身の新陳代謝が低下する。原因はいくつかあるが、最も多いのは甲状腺に慢性の炎症が起こる「橋本病」だ。初期の段階では自覚症状はないが、甲状腺機能低下症に進むと、様々な不調が現れてくる。40~50代の女性に多いため、「もしや更年期では!?」と勘違いする人も多い。

甲状腺を異物と見なして攻撃する自己抗体ができるのが原因。これにより甲状腺が徐々に破壊され、甲状腺ホルモンが作られなくなる。「女性の約30人に1人はこの自己抗体を持っているが、機能が低下するところまでいくのは3分の1程度。若い頃から徐々に進行し、40~50代になって機能低下症の症状が現れてくる人が多い」と山田院長は解説する。

じわじわ進むので、首の腫れや様々な不調を「太ったから」「年のせい」などととらえ、病気であることに気づかない人が多いという。冒頭のような症状がある人は、まずは甲状腺の異常を疑って血液検査を受けてみよう。家族に甲状腺の病気になった人がいる場合は、そうでない人より病気になるリスクが高い。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
婚活でやってはいけないこと 高学歴女子が陥りがち
日経DUAL
手軽なツールSNS 疲れずに仕事人脈をつくるコツ
日経ARIA
東川町に単身移住。不安、不便、不足だらけでも毎日
日経doors
『サードドア』著者バナヤン氏(下) 不安と友達に
ALL CHANNEL