――百寿者の場合、どんなデータをとるのですか。

まず血液データ。血液中のたんぱく質や免疫細胞を調べるほか、遺伝子情報が得られる。認知機能もチェックする。こうした医学データだけでなく、本人の性格とか幸福感をヒアリングするなど、できるだけ包括的に調べようとしている。

――これまでに分かったことは?

まず、老化と体内の炎症が密接に関係していることが分かってきた。昔は、年をとった人はみんな隠れた病気があるから炎症反応が進んでいるようにみえるという考えだった。今はそうではなくて、老化そのものが炎症を引き起こすと考えられている。炎症反応を抑えることが健康長寿につながることになる。

また、85歳を超えるとフレイルの強い人が早く亡くなる傾向があることも分かってきた。また性格的には好奇心の強い人や、開放的な性格の人、また人生に幸せを感じている人が長生きするという傾向があるようだ。

実際に元気な百寿者に会って話を聞くと、自分は良い人生であったとか、幸福感を抱いている人が驚くほど多い。こうした精神的な要因と長寿の関係を調べるのは今後重要になるだろう。

――いわゆる長寿遺伝子は発見されたのですか。

残念ながらまだ見つかっていない。我々はこれまでに約400人分の全ゲノムデータを集めており、これを東北大学の東北メディカル・メガバンク機構が持つ普通の人のゲノムデータと比較する共同研究を近く始める。この研究を通じて、長寿遺伝子が見つかるかもしれない。長寿遺伝子そのものでなくても、認知症になりにくいとか、元気な状態が長く続くことと関連した遺伝子が発見できることを期待している。

――高齢者研究の成果は、一般の人の健康寿命を延ばすのにどう役立つでしょうか。

病気を発症前に予測して予防的な治療を行う「先制医療」という考え方が注目されているが、健康長寿の場合も同じで、その人にあったやり方が提案できるようになるだろう。遺伝子などを調べて、こんな体質の人はこういう対策をとればいいとかが分かるようになる。その意味で、百寿者を遺伝子の特徴などでグループ分けすることは、健康長寿を実現するのに役立つはずだ。

(編集委員 吉川和輝)

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら