MONO TRENDY

津田大介のMONOサーチ

津田大介 極薄リュックでミニマル生活にチャレンジ

2018/6/4

今回紹介するのは超極薄リュック。僕がメインで使っている大容量の「NOMATIC TRAVEL PACK」とは正反対のタイプだ

仕事の空き時間にクラウドファンディングやFacebookのタイムラインで流れてくるバッグをよくチェックしているという津田大介氏。「最新のトレンドが把握できる上に、いい気分転換にもなっている」そうだが、そんな津田氏の関心を引くバッグが現れた。これまで購入してきた大容量のものと違い、とても薄いリュックだった。

◇  ◇  ◇

■厚さ3.8cmの超極薄リュック

今回試用したのは、クラウドファンディング「kibidango」で募集していた「Under-The-Jack Pack」というバッグだ。厚さはわずか3.8cmで、外側にサイドポケットなどがないシンプルな設計になっている。

僕はこれまで、以前紹介した「NOMATIC TRAVEL PACK」(記事「津田大介が仕事用リュックを新調 収納の工夫にほれた」参照)をどこへ行くときにも背負っていたが、荷物の重さにはいつも悩んでいた。チームラボの猪子寿之さんに話を聞くと、彼はノートPC1台でどこへでも出かけるという。理想を言えば僕もカバンは軽くしたいが「いつか必要なときが来るかもしれない」という不安から、様々なアイテムを詰め込んでしまうのだ。

そこで、小さいUnder-The-Jack Packを使って、半強制的に荷物を減らしてみることにした。

サイズは13インチと15インチの2種類から選べる。写真は15インチ
本体は薄いが、中には小物を分けて収納できるポケットがいくつかある

■軽くて背中にフィット

Under-The-Jack Packには、レッツノートの他に、ACアダプターやイヤホンなどを詰めた。小物を入れるポケットは意外と豊富なので、名刺入れやペンなども分けて収納できる。ただACアダプターが大きく、カバンを閉じると出っ張ってしまった。近年登場しているUSB Type-Cで給電できるPCならモバイルバッテリーでも充電が可能だから、薄型のモバイルバッテリーをスマホと兼用するという方法も考えられる。

薄くて軽く、背中にピッタリとフィットする
ACアダプターも入れることができるが、そうするとさすがに薄さが損なわれる。ACアダプターも小型になってほしいものだが

必要最低限のものしか入っていないので当たり前だが、実際に背負ってみると軽さを実感する。また背中にもフィットするので歩きやすい。

製品紹介の動画には、カバンを背負ってからジャケットを着るという映像があった。これは薄さを強調したいという演出だろうが、急な雨のときなどには役立ちそうだ。また満員電車に乗るときも便利だろう。乗り降りの際には、他人の傘やイヤホンがショルダーストラップに引っかかることもあるが、このスタイルなら心配ない。

■近場へ行くときのサブバッグとして活躍

Under-The-Jack Packは、事務所から近い場所へ行くときに主に使ってみた。たとえば事務所から徒歩で行けるJ-WAVEの番組収録にもこれを持っていった。ラジオなら書類や本は必要ないし、徒歩圏内なので足りないものがあってもすぐ取りに戻れるという安心感があったからだ。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
ワークマン快進撃 ユニクロ超えの1000店舗体制へ
日経クロストレンド
綾瀬はるかの「奇妙な踊り」が話題 江崎グリコの想
日経クロストレンド
キリン淡麗とサントリー金麦 緻密なリブランド戦略
日経クロストレンド
森永「大人向けラムネ」大ヒットの理由とは?
ALL CHANNEL