あなたは後払い派? キャッシュレス決済は相性が肝心ファイナンシャルプランナー 風呂内亜矢

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

経済産業省がこのほど、クレジットカードや電子マネーなどで支払う「キャッシュレス決済」の比率を2025年に40%に高める目標を決めました。将来的に80%まで伸ばしたい考えです。消費者としては、現金でも電子決済でも消費行動が変わらないようトレーニングを重ねなければならない時代かもしれません。

節約、ポイント付与などのメリット

韓国や中国、欧米諸国に比べ、日本では治安の良さ、現金や金融機関への信頼の高さなどからキャッシュレス化が進まないといわれています。そこを超えて推進するメリットはどんなものが挙げられるでしょうか?

消費者にとって恩恵が大きいと思えるのは、細かな利用履歴を手間をかけずにデータとして記録に残せたり、現金の引き出しに伴うATMの手数料を支払う機会を減らせたり、といったことが挙げられます。もちろん、決済時にポイントが付与されるなど「お得」な点も見逃せません。

一方、注意点は現金を使わないことで「消費している」感覚が薄くなり、お金を使いすぎてしまうことが挙げられます。ポイント付与やATM手数料の節約などで得をする以上にお金を使うようでは、家計にはデメリットのほうが大きくなります。

後払い? 即払い? 先払い?

消費者がキャッシュレスを取り入れる選択肢として最初に浮上するのは、電子マネーやクレジットカードなどの各種カード決済でしょう。カード決済では、実際にお金を払うのが商品を入手したりサービスを利用したりする「後」か「即時」か「先」か理解し、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

クレジットカードは通常、後払いです。同じく銀行のキャッシュカードに搭載されることが多いデビットカードは即払い、電子マネーやプリペイドタイプの国際ブランドカードは先払いです。最近はデビットカードやプリペイドカードでもVISAやJCBなどの国際ブランドが提供するものが増えており、クレジットカードと同程度の施設、機会で利用できるようになるなど選択肢は広がっています。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし