脳梗塞の予防にも効果 安くて栄養豊富なサバ缶レシピ

ベーシックな「さば水煮」のアレンジ技

ニッスイ「スルッとふた SABA」シリーズ3品。シールのように簡単に開けられる。左から「さば水煮」「さばみそ煮」「さば味付」(参考価格各180円/150g)

さまざまなサバ缶を販売している日本水産(ニッスイ)では、昨年秋に「スルッとふた SABA」シリーズとして「さば水煮」「さばみそ煮」「さば味付」の3商品を発売しました。

同社によれば、サバ缶全体の売り上げは2017年10月から増加しているとのこと。上記シリーズの中では、そのままでも食べられてアレンジの幅も広い「さば水煮」が一番売れているそうです。

サバ缶というと和食のイメージが強いかもしれませんが、実は洋食やエスニック料理とも相性抜群。そこで今回は一番人気の「さば水煮」のアレンジとして、「さば水煮のキーマ風カレー」のレシピを教えてもらいました。本来キーマカレーはひき肉を使いますが、サバ缶を使ってヘルシーに仕上げています。

「さば水煮のキーマ風カレー」のレシピ

さば水煮のキーマ風カレー 画像提供:ニッスイ
*材料 [2人分]
「さば水煮」…1缶
サフランライス…茶わん2杯分
タマネギ…1個
ニンジン…1/2本
ニンニク…1/2片
カットトマト(缶詰)…200g
サラダ油…大さじ1/2
水…100ml
カレールウ(市販品)…3片
グリーンピース(冷凍)…16粒

*作り方
1.タマネギ・ニンジン・ニンニクをみじん切りにする。
2.フライパンにサラダ油・ニンニクを入れて中火にかけ、香りが出たらタマネギ・ニンジンを加えていためる。
3.カットトマト・水・「さば水煮」を缶汁ごと加え、煮立ったらいったん火を止め、カレールウを加えて混ぜる。弱火にし、とろみが出るまで煮る。
4.器にサフランライスを盛り付け、(3)をかけ、解凍したグリーンピースを散らす。

食べてみると、サバのコクとトマトの酸味、それにカレールウのスパイスなどが混じり合い、複雑な味わい。サフランライスとのハーモニーもたまりません。生のサバでは簡単には作れませんが、サバ缶なら軽くほぐすだけでよく、煮込む時間が短くて済むので時短にもなります。

ちなみにシリーズのほかの2缶、「さばみそ煮」としょうゆベースの「さば味付」はしっかり味がついているので、そのまま食べたり、ごはんのお供にしたりするのにぴったり。ベースの味を生かして、いため物や煮物に使うのもおすすめだそうです。