マネー研究所

Money&Investment

土地の値段、なぜ「一物五価」? 路線価・実勢価格… 課税基準、売買の目安にも

2018/5/26

写真はイメージ=PIXTA

 筧家のダイニングテーブルでは、ファイナンシャルプランナーの幸子がメモを見ながらパソコンでなにやら調べ物をしています。肩越しに画面をのぞきこんでいた良男が「いいところはやっぱり高いなぁ~」と一言。そこへ旅行会社に勤める恵が帰ってきました。

筧幸子(かけい・さちこ、48=上) 筧良男(かけい・よしお、52=中)  筧恵(かけい・めぐみ、25) 

 あら、夫婦で温泉旅行かなにか? 私に相談してくれればいいのに。

幸子 温泉旅館じゃなくて土地の値段の話よ。マイホーム新築の相談があったから、まずは国土交通省のサイトで「公示地価」を見てたのよ。

 公示地価って聞いたことある。外国人に人気の北海道のスキーリゾートの近くが上昇率で全国トップだったって会社で話題になってたわ。

幸子 地価公示法という法律に基づいて、毎年1月1日時点の地価を国が調べて3月下旬に公表しているの。計画的に町づくりを進めている都市計画区域が中心で、民間同士の土地取引の目安や、国や自治体が公共用地を取得するときに価格算定する際のモノサシになるのよ。

良男 なるほど。土地を買うにしろ売るにしろ、なにか目安がないと不安だからな。

幸子 2018年は全国の住宅地、商業地など2万6000地点が対象だったわ。三大都市圏でみると、住宅地も商業地も5年連続で地価が上がったのよ。地価日本一は東京・銀座の山野楽器銀座本店の土地で、1平方メートル当たり5550万円!

良男 ほぉ~。でも、土地の価格って実際の取引がなくても調べられるのかな。

幸子 「不動産鑑定士」という国家資格を持っている専門家が評価しているのよ。

 どうやって?

幸子 例えば銀座のような商業地には「収益還元法」がよく使われるの。その土地に商業ビルなどを建てたら、家賃収入から経費を差し引いた年間の利益がどれくらいか計算して、エリアごとに期待される利回りから地価をはじき出す方法ね。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL