日経Gooday

星野さんは、「五苓散は体質をあまり選ばず、多くの人に飲んでいただける漢方薬です。二日酔いでも、水毒が原因となる軽めの症状のときに適した漢方薬です」と話す。また、五苓散は漢方で「霍乱(かくらん)病」に分類されるノロウイルスをはじめとする感染症の際に処方することもあるそうだ。

黄連解毒湯は「解毒剤」として働く

ではもう一つの黄連解毒湯はどうなのだろう?

「五苓散と並んで、二日酔い・悪酔い対策に使われるのが黄連解毒湯です。この漢方薬は、黄連(オウレン)、黄ゴン(「ゴン」は「くさかんむりに今」、オウゴン)、黄柏(オウバク)、山梔子(サンシシ)の4つの生薬から成っています。黄連解毒湯は『酒毒を消す』、つまり解毒剤的な役割をしてくれます」(星野さん)

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)を構成する4つの生薬 ※北里大学東洋医学総合研究所所蔵の生薬

「黄連解毒湯は、熱による炎症を抑えるのに用いられる薬です。一般的には解熱、のぼせ、赤ら顔、アトピー性皮膚炎などの改善のために処方されます。胃腸などの消化器系の炎症を抑えますので、二日酔いによる胃の不快感、それに頭痛などの緩和にも役立ちます。飲み過ぎ全般に効果的です」(星野さん)

星野さんによると、黄連解毒湯は、お酒を飲んで赤くなる、体が熱くなるタイプの方に向いているという。「飲むとすぐ顔が赤くなっちゃって…」と嘆くアルコールに弱い人、アルコールに弱いが仕方なく酒席に付き合わなくてはいけないときに効果を発揮してくれそうである。

みぞおちのつかえ、吐き気に半夏瀉心湯

星野さんによると、黄連、黄ゴンが入っている漢方薬は「ゴウ連剤(ゴンレンザイ)」と呼び、解毒薬になるのだという。この2つが入った漢方薬に半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)があるが、これも飲み過ぎによる諸症状に効くという。半夏瀉心湯は黄連(オウレン)、黄ゴン(オウゴン)、半夏(ハンゲ)、乾姜(カンキョウ)、人参(ニンジン)、甘草(カンゾウ)、大棗(タイソウ)の7つの生薬から成る漢方薬だ。

「半夏瀉心湯は、逆流性食道炎、慢性的な吐き気、下痢などの症状で処方します。この薬は、飲み過ぎ、食べ過ぎによって、食べたものが胃から食道に逆流して心窩部(みぞおち)がつかえた感じがする、吐き気がするといったやや症状が重いときに効果的です。また、二日酔いで下痢が絡んだときにも有効です」(星野さん)

おお、これは飲み過ぎた翌日、「やっちまった」と後悔するほど飲んだときによさそうだ。なお、五苓散も下痢に有効と先ほど説明したが、星野さんによると、大まかに「水毒による軽めの下痢なら五苓散」「症状が重い熱性の下痢には半夏瀉心湯」がいいと話す。

黄連解毒湯と半夏瀉心湯はすぐにでも薬箱に常備したいくらいだが、星野さんは「ゴウ連剤に分類されるこの2つは、体質により向き不向きがあります。ゴウ連剤は『体の熱を冷ます』『炎症を鎮める』効果が強いので、寒がり、冷え性の方には向きません。また、人によっては微熱が出たり、慢性的な倦怠感といった副作用が出ることもあります。問題が起こることは多くはありませんが、医師に相談することをお勧めします」(星野さん)

漢方薬には普通に薬局で市販されているものもあり、これらは診断なしで購入できる。ネットで検索すると黄連解毒湯、半夏瀉心湯ともに通販で手軽に買えるが、最初に試す際は、やはり医師に相談するほうがよさそうだ。

また、市販の漢方薬と病院で処方される漢方薬とは、(一部例外もあるが)量に違いがあるのだと星野さんは話す。

「市販の漢方薬のように診断なしで買えるものは、一般的に処方薬の約3分の2の量しか入っていません。つまり処方薬よりも効き目が弱い傾向にあります。また処方薬に比べ割高なので、かかりつけの医師に相談して処方してもらったほうが経済的です」(星野さん)

「かかりつけの医師がいない場合は、漢方内科のある病院を受診し、普段から飲んでいる薬や、自身の体質を考慮した上で、自身に合った漢方薬を処方してもらうことをお勧めします」(星野さん)。体質に関係してくる上に、処方薬のほうが安くて、効果が高いとなればなおさらである。

漢方薬はメーカーにより違いがある?

処方薬といえば筆者は今、某有名メーカーの五苓散をかかりつけ医に処方してもらっている。しかし人によっては、同じ漢方薬でも違うメーカーのものでないと「効果が得られない」と言う人もいる。メーカーにより効果のばらつきはあるのだろうか?

「メーカーによって生薬を仕入れる産地や、栽培方法が異なることがあります。名前が同じだからといって、効果が同じとは限りません。もし効果が薄いと思ったら、メーカーを変えるという手もあります」(星野さん)

◇  ◇  ◇

星野さんの話を聞いて、これまで漢方について感じていたモヤモヤが一挙に解消した。最後に、星野さんは1つ注意してほしいことがあると話す。

「漢方薬を事前に飲むことで、『酔わない』気になる、酔いが回るのが遅くなるという人がいます。そして酔うまで飲むから、飲み過ぎてしまうことがあるので注意しましょう」(星野さん)

自分のことを言われたようでドキッ…。いくら漢方に効果があるといっても限度がある。飲み過ぎないに越したことはない。

星野卓之さん
北里大学東洋医学総合研究所医史学研究部部長。1996年、自治医科大学医学部卒業。2009年、北里大学大学院医療系研究科(東洋医学)博士課程修了、同年より北里大学東洋医学総合研究所漢方鍼灸治療センター漢方診療部勤務。2016年より現職。日本東洋医学会専門医・指導医・代議員、日本内科学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本医史学会代議員。

(エッセイスト・酒ジャーナリスト 葉石かおり)

[日経Gooday2018年5月8日付記事を再構成]

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント