オリパラ

勃興eスポーツ

国体にeスポーツ「参戦」 19年の茨城、全国で予選会

2018/5/21

eスポーツは若者の人気が高い(Jリーグが5月に初めて開いた公式大会の決勝戦)

ゲーム対戦競技の「eスポーツ」が国民体育大会(国体)に登場する。2019年に茨城県で開かれる「いきいき茨城ゆめ国体」で、文化プログラムとして競技会を実施する予定。47都道府県の予選を勝ち上がってきたチーム同士が対戦し、日本一を決める。国体でeスポーツが本格的に採り入れられるのは初めて。

国体の文化プログラムで採用されたコナミのサッカーゲーム「ウイニングイレブン」(写真は2018年版)

eスポーツはネットワークを介して複数のプレーヤーがビデオゲームで対戦する競技で、若者の人気が高い。国体の主催者である日本スポーツ協会(東京・渋谷)と開催地の茨城県は、ビデオゲームを通じて多くの人にスポーツに関心を持ってもらえるとみて採用を決めた。

コナミデジタルエンタテインメント(東京・港)が開発したサッカーゲーム「ウイニングイレブン」を使って、1チーム3人で対戦する。画面上のサッカー選手を3人で分担して操作し、連携しながら攻めたり守ったりする。

国体の正式競技にのっとり、参加者の年齢によって少年(高校生)とそれより上の成年にクラス分けする。参加者は合計100人を超える見通し。競技会場では大型スクリーンにゲームのもようを映し出し、通常のスポーツと同じように観客が応援できるようにする。国体の会期は9月28日から10月14日までだが、eスポーツはその直前で高校の夏休み期間中の8~9月で調整している。

国体の文化プログラムは、文化・芸術面から実施する公式行事の一つ。2017年に愛媛県で開かれた「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」でもeスポーツのイベントがあったが、参加チームは同県内の企業・団体、大学、自治体などに限られ、競技色も薄かった。

eスポーツを巡っては、Jリーグが初めての国内大会を3~5月に開いたほか、五輪でも国際オリンピック委員会(IOC)が正式種目に採用するかどうかを議論している。ただ日本国内では体を動かすことこそスポーツという見方から、ビデオゲームがスポーツといえるのか疑問視する声は根強い。文化プログラムとはいえ国体で採用されることで、日本でもeスポーツの機運が盛り上がる可能性がある。

(高橋圭介)

オリパラ 新着記事

ALL CHANNEL