やせて筋肉少ない女性に糖尿病リスク その原因は?

日経Gooday

75g経口ブドウ糖負荷試験は、糖尿病予備群ともいえる耐糖能(血糖値を正常に保つ能力)の異常や高血糖の有無が分かる検査で、体組成測定は骨密度や全身の筋肉や脂肪の量を測定できる検査。異所性脂肪は、本来脂肪がたまることのない組織の中にたまった脂肪のことで、MRI(核磁気共鳴画像)の装置を用いた特殊な方法で計測する。肝臓の中に脂肪がたまった状態は「脂肪肝」、骨格筋の中に脂肪がたまった状態は「脂肪筋」と呼ばれる。

検査の結果、20代のやせた女性の耐糖能異常(糖尿病予備群)の割合は標準体重の女性と差はなかったが、閉経後のやせた女性では、耐糖能異常を示した人の割合が37%に上った。これは同年代の女性における割合(17%程度)より高い数値だった。

筋肉が少なく、「脂肪筋」の人ほど血糖値が高い

さらに、閉経後のやせた女性について、どんな人の血糖値が高いかを調べたところ、インスリンの分泌が低く、筋肉の量が少なく、「脂肪筋」の人ほど血糖値が高いことが分かった。

筋肉はブドウ糖を貯蔵する働きがあるので、筋肉の量が少ないとブドウ糖を十分取り込めなくなると考えられる。また、インスリンには、ブドウ糖を筋肉に取り込んで血糖値を下げる働きがある。「脂肪筋」になって筋肉の質が下がると、インスリンの働きが悪くなり、やはり血糖値が高くなる。筋肉の「量」と「質」が、糖尿病のなりやすさに大きく関わっているというわけだ。

筋肉の「量」を増やすにはレジスタンス運動(いわゆる筋トレ)が、筋肉内の脂肪を燃やして「質」を高めるには、ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動が有効だ。また、筋肉量の不足にはタンパク質の不足、筋肉の質の低下には高脂肪食など、食生活の影響も考えられる。適度な運動とバランスのとれた食生活で、筋肉の「質」と「量」を守るよう心がけよう。

(ライター 梅方久仁子)

[日経Gooday2018年5月7日付記事を再構成]

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント