年収1500万円で教育費赤字 晩婚親の老後を立て直す高齢出産夫婦、子どもにかけられる教育費(後編)

日経DUAL

S子 夫のほうが中学から私立にこだわりがあるかも。今住んでいるところの周辺に有名私立があるので、せっかくだから通わせたいという感じかな。子どもが行きたいと言い出したときに、金銭面で可能性を残しておいてあげたいんです。

60歳以降に引き出せる「iDeCo」が教育資金用としても使える

前野 「これは教育費用としてためている」というように、目的がはっきりとした貯蓄はありますか?

S子 今は特に決めずにためている感じですかね。あ、そういえば、夫が少額投資非課税制度(NISA)口座を今月から開設して教育資金用に月2万円ずつためることにしたと言っていました。

前野 いいですね! S子さんもNISA口座に投資信託170万円を持っていますよね。お二人は、iDeCo(イデコ)はされていないんですか。老後資金をつくるための個人型確定拠出年金のことですが。

S子 よく分からなくてやっていません。

前野 ご主人の年収や年齢を考えると、iDeCoのほうがメリットがありますね。お子さんが18歳になって大学に行くころ、パパは64歳。iDeCoのお金は60歳以上から引き出せるから、老後資金に限らずご主人の場合はこれを教育資金として使えます。

S子 ふんふん。NISAと併用できますか。

前野 できますよ。ご主人は所得が高いので、iDeCoを使うと税制面でのメリットが大きいです。会社に確定給付年金や厚生年金基金がある場合は、毎月の積み立てなら上限が月1万2000円。何もない場合は2万3000円です。

S子 なるほど。夫に聞いてみます。

前野 フリーランスのS子さんがiDeCoをするのであれば、1カ月あたり6万8000円まで積み立てることもできますよ。ただし60歳になるまで下ろせないので、教育費として考えるならお子さんが14歳のときに60歳を迎えるパパにやってもらったほうがいいでしょう。月1万2000円積み立てたとして、ご主人の所得税率が20%だとすると、住民税と合わせて年間4万円ほど節税ができます。

S子 子どもが生まれてから14年間続けたとすると……。

前野 全部で56万円分くらいの節税になりますね。

S子 税金面でこんなにメリットがあるんですね。早速、夫に相談します!

繰り上げ返済と投資、本当に得なのはどっち?

前野 家計全体の見直しというのは、固定費から見ていきます。S子さんご夫妻の場合、固定費の中で一番大きいのは住宅ローンです。5000万円を20年固定で0.95%という低金利で借りられているので、S子さんの予定通りに毎年160万円をどんどん繰り上げ返済したほうがいいのかどうかを考えましょうか。繰り上げ返済をして、利息負担がどの程度カットできるか試算したことはありますか。

S子 うーん、ないですね。

前野 10年間で合計約1600万円の繰り上げ返済をすると、トータルで387万円利息がカットできます。ローン期間は11年10カ月、短くできますね。

S子 おお! 夫が「ローン残高が2000万円を切ったら、もう繰り上げ返済しないほうがいい」とか言うんですよ。金利が安いから、余分な資金があればその分投資に回したほうがいいって。私はあまりピンときていなくて、いつもこれでケンカになるんです。

前野 ご主人が気にされているのは、住宅ローン控除のことではないでしょうか。現在借りている金利は0.95%で、住宅ローン控除で還付される税金は1%あるから、一般的には今は借りておいたほうがトクです。ただしS子さんの場合は、住宅ローン控除の上限を超えている借入分には全額利息を払っている状態なので、早めに返済するほうが家計の利息負担を減らせるのです。

S子 なるほど! 運用についてはどうですか?

前野 投資に回すお金が100万円だとすると、たとえ5%で回せても、もうけは5万円です。一方、金利0.95%でローン残高2000万円のときに繰り上げ返済100万円を行って浮く利息は14万円ですから、具体的に計算してみるとどちらがトクですか? 「率」で考える部分と「額」で考える部分をうまく分けて考えてみてください。

S子 分かりやすい! これで夫に反論できます(笑)。

相談者S子さんのプロフィール
<夫婦の仕事と年収>
■夫(46歳)/正社員・金融 年収1050万円(税込み)、月給43万円(手取り)、ボーナス250万円
■妻(39歳)/フリーランス・マスコミ 年収450万円(税込み)、月給33万円(手取り)、ボーナスはフリーランスのためなし
<現在の貯蓄や金融商品>
■夫/普通・定期預金380万円
■妻/普通・定期預金50万円、投資信託170万円(時価)、株式90万円(時価)
<毎月の貯蓄>
■家計から月10万円
■自動積立月5万円
■教育資金としてつみたてNISA月2万円(2018年3月からスタート)
<住宅ローン>
■月14万円ずつ返済
2年前に都心に中古マンションを購入しリノベーション。リフォーム費用含めかかったお金は7000万円。住宅ローンは5000万円を20年固定金利(0.95%)35年ローンで借入。