マネー研究所

プロのポートフォリオ

私が選ぶ 日本の「もしバフェ」5銘柄(窪田真之) 楽天証券経済研究所所長兼チーフ・ストラテジスト

2018/5/22

バフェット氏の人気は衰えていない=AP
「バフェット氏は一見、面白みがなくても安定的に成長している企業を見つけて投資し、高いリターンをあげてきた」

米投資会社バークシャー・ハザウェイを率いる著名投資家ウォーレン・バフェット氏の人気は87歳になった今も衰えていません。ネブラスカ州オマハで5日開催されたバークシャーの年次株主総会には、世界中から4万人の株主が集まりました。バフェット氏が語る相場観を直接聞くことができる貴重な機会だからです。

私もバフェット氏のファンのひとりです。彼の運用スタイルはバリュー(割安)株重視ですが、それはまさに、私が25年間のファンドマネジャー時代に貫いた運用スタイルです。

私は不人気株、急落している株の中からPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などの投資指標で見て安すぎると判断した株を発掘して投資することを徹底してきました。

■面白みがなくても安定成長している企業

バフェット氏も一見、面白みのない企業でも実は競争が少ない分野で安定的に成長している企業を見つけて投資し、高いリターンをあげてきました。私は今の日本株にも「バフェット流投資」の基準で買える銘柄はいろいろあると思います。

財務内容が良く、キャッシュフローが潤沢で、安定高収益にもかかわらず、不人気で割安な株を探せばいいわけです。以下が、私が考える「もしバフェット氏が日本株ファンドマネジャーだったら買うであろう銘柄」の候補です。

このいわゆる「もしバフェ」銘柄ですが、まず日本たばこ産業(JT)を挙げたいと思います。同社は国内の喫煙者減少が不安材料となり、株価は割安に放置されています。ただし、実際には、国内タバコ事業は喫煙者が減っても、継続的に値上げすることで収益を維持してきました。JTは財務内容が良好で、高い利益率を実現しています。それに加えて、買収巧者です。喫煙者が増加している新興国でタバコ会社を次々と買収してきました。また、増配や自社株買いなど株主への利益配分に積極的なことも評価できます。

次にブリヂストンです。大きな理由のひとつは安定的に高収益を上げていくと判断されるからです。ブリヂストンは同じ自動車関連でもトヨタ自動車などの完成車メーカーとは違います。業績は新車販売の影響を受けますが、その影響はトヨタほど大きくありません。タイヤメーカーは更新タイヤ(取り換え用のタイヤ)が重要な収益源となっているからです。更新タイヤは新車タイヤより利益率が高く、世界の自動車保有台数が拡大していく中で、安定的な需要拡大が見込まれます。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL