西城秀樹さん襲った脳梗塞 身近で起きたらどう対処?

日経Gooday

急逝した西城秀樹さんは2度の脳梗塞に襲われていた(写真は1994年12月、第45回NHK紅白歌合戦での様子)=共同
急逝した西城秀樹さんは2度の脳梗塞に襲われていた(写真は1994年12月、第45回NHK紅白歌合戦での様子)=共同
日経Gooday(グッデイ)

歌手の西城秀樹さんが63歳で亡くなりました。西城さんは2003年と2011年に脳梗塞を発症、右半身マヒの後遺症が残っていたそうです。脳梗塞とはどのような病気なのでしょうか。また、身近な人が脳梗塞で倒れた時、どのように対処すればいいのでしょうか。

【問題】 身近な人に体のまひやしびれ、ろれつが回らないなど脳梗塞の症状が出た時、どのように対処すればよいでしょう。

1. 症状が消えることもあるので、しばらく様子を見る
2. ただちに病院へ行く

正解は、2. ただちに病院へ行く です。

脳梗塞はある日突然起こり、助かっても重大な後遺症が残り、寝たきりになることも多い病気です。最悪の事態を回避する鉄則は、「早く治療を受けること」。発症から4.5時間以内の「超急性期」であれば、脳の血栓を溶かす薬を使うことができます。

脳梗塞は「何の症状もない人に、ある日突然起こる」

脳に突然起こる代表的な病気として、脳卒中があります。脳卒中は、脳の血管が破れる、あるいは詰まることにより、その部分の脳の働きが失われてしまう病気の総称で、血管が破れるタイプが脳出血やくも膜下出血、血管が詰まるタイプが「脳梗塞」です。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント