日経ウーマン

【04 下着、タオル】伸びた下着、ごわごわのタオルは潔く処分

下着、タオルの見極めポイント

まだ使えるから、と手放しにくいのが下着やタオル。所有する数や収納スペースを決め、「年末にまとめて」など、手放すタイミングになったら総取り換えする。

【見極め】よれよれになった下着、1年以上着続けている下着がない?
【手放しどき】「生地が伸びてきたら、1年以上着ていたら」

「下着は、見られても恥ずかしくない「1軍」を必要最低限の数で持ちましょう」。見た目の劣化はもちろん、汗などのニオイも落ちなくなるので、寿命は1年が目安。

【見極め】ごわごわのタオルをいつまでも使っていない?
【手放しどき】「年末など決めた時期に一度に買い替え」

「ゴワつきが気になるタオルを使うと気分ダウン。手放しどきに迷うタオルは『年末にまとめて新調、古いタオルは雑巾に』などとルールを決めて」

【05 食料品】もう使うと思えない調味料や食品は迷わず捨てる

食料品の見極めポイント

「野菜室に干からびたニンジン、棚の奥に賞味期限切れのお菓子」││。これをなくすには、「在庫管理」が大切。定期的に在庫と賞味期限を把握できるよう、見やすく整理しておこう。

箱に入っているものはふたを切り落とすなどの工夫を
【見極め】消費期限の切れた牛乳、干からびた野菜はない?
【手放しどき】「消費期限が切れたら」「鮮度が落ちたら」

野菜や果物は週に2~3回鮮度をチェック。肉や魚は消費期限までに使い切る。食品が毎日替わる庫内で手放しどきを逃さないために、庫内の整頓も必須。

【見極め】賞味期限の切れたお菓子、もう二度と使わない調味料はない?
【手放しどき】「賞味期限が切れたら」「次に使う機会が想像できなかったら」

保存食品は賞味期限で見極めるのが基本。1カ月に1回はチェックを。期限前でも、使う予定が思いつかない調味料などは手放そう。

【06 もらいもの】使わないものは手放してリサイクルに

もらいものの見極めポイント

景品や、知人からのプレゼントは、使わないまま家の中にためこみがち。「「気持ち」をいただいたと考えて、大事にしてくれる次の持ち主を探したら、気持ち良く手放しましょう」。

【見極め】不要なもらいものを、なんとなく取っておいていない?
【手放しどき】「もらったばかりでも不要なら即手放す判断を」

景品やもらいものは、自分の好みと合わないことも多い。「要・不要を見極め、不要なものは「リサイクル箱」に入れて。必要な人にあげたり、売ったりします」。

【見極め】遺品、親や親族からもらったものに困っていない?
【手放しどき】
「自分が使わないと思ったらすぐに」

「遺品や目上の人からのもらいものは処分しにくいですが、モノをもらったときに気持ちを受け取っていると考え、不要なら手放しましょう」

もらいものは本当に残すべきか問いかける
新見千晶さん(コスメ編担当)
ヘア&メイクアップアーティスト。多くの女優やモデルなどのヘアメイクを担当するほか、化粧品のコンサルティングなど多方面で活躍中。『魔法の表情筋エステ&若見せメイク』(成美堂出版)など著書多数。
森山尚美さん(整理収納編担当)
整理収納コンサルタント。整理収納アドバイザー2級認定講師。看護師から専業主婦になり、マイホームを建てたのを機に、自己流だった収納について学ぶ。片づけレッスンや、コンサルティングも行う。

(ライター 武田京子、写真 小野さやか=森山さんの自宅、スタジオキャスパー=アイテム)

[日経ウーマン 2018年5月号の記事を再構成]