18年のテレビはコスパで買い 最上位に有機EL定着西田宗千佳のデジタル未来図

ソニーの有機ELテレビ「BRAVIA A8F」(画面ははめ込み合成)
ソニーの有機ELテレビ「BRAVIA A8F」(画面ははめ込み合成)

ソニー、東芝、パナソニックの3社が2018年5月、一斉に18年夏向けのテレビ新製品を発表した。LGエレクトロニクスも4月に製品を発表しており、シャープをのぞく主要メーカーから夏までに店頭に並ぶテレビが出そろった格好になる。そこでわかった今年のトレンドは「コストパフォーマンスの良さ」だ。

パネル進化は一段落、今年は「コスパ」が良好に

テレビといえば、やはり気になるのが「画質」。テレビの画質は、ディスプレーパネルの技術と、映像の加工技術の組み合わせで決まる。低価格なテレビと大手メーカー製テレビの違いは、主に後者の洗練度といっていい。ディスプレーパネルは製造元が限られており、多くのテレビメーカーが同じものを採用している。例えば国内で販売されている有機ELテレビのパネルはほとんどLGエレクトロニクス製だ。その上に「自社の高画質化技術」を積み重ね、「自分たちがいいと思う画質傾向」を提示することが、テレビメーカーの腕の見せどころになっているのだ。

17年は日本における「有機EL元年」だった。コントラストが高く、色の純度が高い有機ELパネルの採用が進み、多くのハイエンドテレビが「有機ELテレビ」になった。18年は、そうしたわかりやすいディスプレーパネルの変化はない。有機ELディスプレーにしろ、液晶にしろ、継続して進化はしているものの、世代が大きく変わったようなジャンプはない。

そう聞くと「今は端境期で買うべきではないのか」とい思うかもしれない。だが、今年は「コストと品質が落ち着いた年」であり、コストパフォーマンスを重視するなら、むしろお薦めの年でもあるのだ。

有機ELについては、ハイエンドモデルでの採用が完全に定着した。そこからラインアップが広がり、お買い得感が出てきた。ソニーの「BRAVIA A8F」は、17年に発売された「同 A1」の普及版といえるようなモデルで、販売価格がA1よりも数万円安くなっている。LGエレクトロニクスは、有機ELモデルのラインアップを5シリーズ10モデルと他社の倍以上に拡大し、サイズや価格での選択肢を広げている。

ソニーの「BRAVIA A8F」。画面ははめ込み合成
LGエレクトロニクスは有機ELテレビのラインアップを拡充(画面ははめ込み合成)
次のページ
「新4K放送」チューナー内蔵では東芝が先行
MONO TRENDY連載記事一覧