WOMAN SMART

キャリア

女性管理職比率1位はJTB 「女性が活躍する会社」

日経ウーマンオンライン

2018/5/16

「働きがい」と「働きやすさ」を実現した女性が活躍する会社(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマンオンライン

 働く女性のキャリアとライフスタイルを応援する女性誌『日経WOMAN』(発行:日経BP社)と日本経済新聞社グループの「日経ウーマノミクス・プロジェクト」は、「企業の女性活用度調査」を実施、2018年版「女性が活躍する会社BEST100」をまとめた。過去最多となる570社から得た回答を基に、『日経WOMAN』6月号(5月7日発売)誌上にて総合ランキングBEST100を発表した。同調査は『日経WOMAN』が、1988年の創刊時から不定期で実施しているもので、今回で16回目を迎えた。

 「働きがい」と「働きやすさ」という2つの観点から、企業における女性社員活用の実態を1.管理職登用度 2.女性活躍推進度 3. ワークライフバランス度 4.ダイバーシティ推進度の4つの指標で測定し採点。それらの合計得点を偏差値化して総合スコアとし、総合ランキングを作成した。結果概要は次の通り。

*表示した総合スコアが同じで順位が違う場合は、小数点2位以下で差がある。

『女性が活躍する会社』 総合ランキング BEST10

総合1位はジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ

 今年、総合1位になったのはジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ(2017年は総合7位)。性別、年齢、国籍など、あらゆる多様性を尊重する風土があり、社員有志による「Women’s Leadership Initiative」が10年以上にわたり、ダイバーシティ推進活動を継続する。ビジョンケアカンパニー代表取締役として日本法人グループ初の女性が就任するなど、女性リーダーが多数活躍しているのも特徴だ。2位の住友生命保険(2017年総合2位)は、トップダウンで「働き方変革」に注力。パソコンが20時には強制的にシャットダウンされるほか、データを外部に持ち出せないようにし、持ち帰り残業ができない環境に。業務の効率化にも徹底的に取り組んでいる。3位のJTB(2017年総合16位)は、2007年に専任組織を設置。グループ各社にも専任担当を置き、取り組みの見える化や好事例の表彰、情報共有などでグループ横断的に推進活動を進めてきた。今年4月にグループ15社を統合し、新たにダイバーシティ推進・働き方改革担当の女性執行役員を配置した。

 今年はトップ10のスコアの差がわずか1.6ポイントと僅差に。上位企業の特徴として、育児・介護と仕事の両立支援を行う段階は終わり、階層別キャリア研修や管理職研修などの女性活躍推進と、残業時間削減などの働き方改革に注力する企業が目立った。

WOMAN SMART新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL