津田大介 無線給電モバイルバッテリーは便利だけど

スマホとモバイルバッテリーが接触していないと充電できないので、揺れるカバンに入れておいて目的地に着くまでの間に充電しておきたいといった使い方は難しい。

スマホとPower Bank Qiを重ねてポケットに入れてみたら充電はできた。ただ歩いているうちにずれないか不安になりそうだ

ちょうどいいサイズのカバンのポケットに、スマホとモバイルバッテリーを重ねて入れるという方法も考えたが、実際に利用するとなると「ずれていないか」「本当に充電できているか」と心配になりそうだ。そう考えると、せっかくQiに対応しているのに移動中に充電したい場合はケーブルが必要になる。

ちなみに非接触状態で充電できる製品の開発も進んでいる。海外の展示会やクラウドファンディングでは製品も発表されているので、そう遠くない段階でケーブルをつながなくても充電できるようになるのだろう。

モバイルバッテリーの充電を減らしたい

今回、いろいろなモバイルバッテリーをまとめて試用したのを機に、自分が求めるモバイルバッテリーを改めて考えてみた。

僕が求めるのは何よりも容量だ。現在メーンで使っているAnkerのモバイルバッテリーは、20000mAh以上の大容量モデル。

津田氏がいつもかばんに入れて持っているAnkerのモバイルバッテリーは20000mAhオーバーの大容量だ

正直なところ、1回の外出で使い切ることはない。これを持ち歩いているのは、モバイルバッテリーを充電する頻度をできるだけ減らしたいからだ。これだけ容量があれば、毎晩充電する必要はない。

今使っているビジネスリュックは小物入れが多い(記事「津田大介が仕事用リュックを新調 収納の工夫にほれた」参照)。そこで、このモバイルバッテリー専用のポケットを決めて、そこに入れっぱなしにしている。そして、ホテルなどに泊まったときにリュックから出して充電しておくのだ。こういった使い方をすれば、スマホの電池切れを心配せずに外出することができる。

カバンを替えるタイミングで見直しを

もちろん、モバイルバッテリーの選び方は人によって異なる。家に帰ったらスマホとモバイルバッテリーを一緒に充電し、翌朝、両方を持って出勤するという人なら、もっとコンパクトなモバイルバッテリーでいいだろう。

モバイルバッテリーを選ぶときのポイントは、カバンの収納ポケットに合った大きさの製品を選ぶことだと僕は考えている。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧