マネー研究所

マネートレンド

移住したい県 長野が1位に返り咲き、福島が急上昇 地方移住は新時代へ(4)

2018/5/11

長野県の景勝地として人気がある上高地(松本市)=PIXTA

 地方移住を支援するNPO法人ふるさと回帰支援センター(東京・千代田)は、「移住希望地域ランキング」を発表した。2017年の1位は長野県、2位は山梨県、3位は静岡県だった。

 1位と2位は前年と入れ替わり、長野は過去7年間で5回目の首位になった。長野、山梨両県が5年連続で1位と2位を分け合っている。

 3位の静岡、4位の広島県は前年と同じ。5位の新潟県は、前年より順位を3つ上げた。福島県は順位を11上げて8位に、富山県は5つ上げて10位になった。

■上位3県は安定的な人気

 17年の1年間に、東京・千代田の「ふるさと暮らし情報センター・東京」を移住セミナーへの参加や相談などで訪れた8498人にアンケート形式で尋ねた。支援センターが今年2月末に全国の自治体の移住担当者を対象に開いた実務者研修セミナーでランキングを発表した。

 支援センターによると、長野、山梨、静岡が上位に入ったのは「首都圏から近く、移住先としての認知度も高いことから、安定的な人気を保っている」ため。4位の広島県は「セミナー参加者を移住相談に確実につなげている」、5位の新潟県は「相談者の6割を占める20~30歳代が興味を持ちやすいセミナーを企画したことが効果を上げた」と支援センターはみている。

 順位を大きく上げた福島については「Uターン希望者と30代の相談の割合が増加した」、富山は「全市町村参加の大規模な相談会でIターン希望者を増やした」と躍進の要因を分析した。

 1位に返り咲いた長野の楽園信州・移住推進室の担当者は「自然が豊かで東京など都市圏に近いうえ、自然保育をはじめ独自の取り組みが評価されている」と話す。

 長野への移住を希望する世帯主の7割が40歳代以下で、県は就労をテーマにしたフェアや相談会に力を入れる。その一方で、農業や林業への従事の希望も根強い。人気が高いのは、松本・安曇野、諏訪、佐久、長野の4地域。県の担当者は「移住して良かったと言われるように、受け入れ先や移住者との意見交換を進め、移住後の相談体制を充実させたい」と今後の方針を説明した。

 2位の山梨は「10年前は退職後の移住が多かった。それが最近は30~40歳代が目立つ」(地域創生・人口対策課)。都会に近く、それまでに築いたつながりを維持しつつ、新たな生活を始められるのがポイントだ。最近は子育て世代へのアピールに重点を置き、東京でイベントを開いたり子育て雑誌に記事を掲載したりしている。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL