オリパラ

紙面から

アーティスって何? シンクロ、今季から名称変更

2018/5/12 日本経済新聞 朝刊

プールサイドでスペイン代表チームの演技を見るイベントの参加者(5月1日、東京都江東区の辰巳国際水泳場)

 今季よりシンクロナイズドスイミングから名称が変わったアーティスティックスイミングをプールサイドで間近に見て体験するイベントが1日、東京辰巳国際水泳場で開かれた。

 「スペインでアーティスは人気競技。ぜひ楽しさを感じてほしい」と話す藤木麻祐子ヘッドコーチが率いるスペイン代表チームが協力。約110人の老若男女が見守る中、基本泳法や模範演技を披露した。見学者のうち30人は水着になって水中から鑑賞、リフトで水中から投げ飛ばしてもらったつわものもいた。

 少子化時代、アーティスの競技人口も停滞気味だ。「日本ではアーティスは『しんどい』イメージがある。大人からでもトライしてくれれば」。バルセロナ五輪銅メダリストの奥野史子さんも激励していた。

[日本経済新聞朝刊2018年5月10日付]

オリパラ新着記事

ALL CHANNEL