WOMAN SMART

ビューティー

若い世代も肉から大豆へ じわじわ広がる「豆食」

2018/5/17

画像はイメージ=PIXTA

この50年あまりで、日本における肉類の消費量は10倍に増えた(注)。「私、肉食女子!」という女性も少なくない。ところが一方で「肉から豆」へのシフトが進んでいるという。実は、小さいときから肉が食べられず、大豆を主なたんぱく源として育った筆者にとって「豆」の動向は大問題。大豆をめぐる状況を専門家に聞いた。(注)農林水産省「食料需給表」による

■「ベジファースト」から「大豆ファースト」へ

まず、最近耳にするのが「大豆ファースト」という言葉。食事の最初に大豆から食べることで健康効果が期待できるというものだ。

フジッコは2018年3月、「蒸し大豆(大豆ファースト)による食後血糖値上昇抑制効果」を検証した結果を発表。血糖値の急激な上昇を抑えるため、食事の最初にサラダなど野菜を食べる「ベジファースト」が有効とされている。ところが食事の前に蒸した大豆を食べる「大豆ファースト」の方が、ベジファーストよりも少量で食後血糖値の上昇を同等以上に穏やかにすることが分かったという。

「かくれ高血糖が体を壊す」などの著書を持つ池谷医院の池谷敏郎医師はこう話す。「ベジファーストではサラダにかけるドレッシング(オイル)や食塩などが問題になるが、蒸した大豆ならそのまま食べられる。野菜サラダ100グラムに含まれる食物繊維が、蒸した大豆なら26グラム、30粒ほどで取れる」

池谷医師によると、ヨーグルトに蒸した黒豆を添えたり、野菜ジュースに蒸し大豆を入れて電子レンジで温めるだけの大豆ファーストスープもおすすめだそう。

簡便さも、たんぱく源としての豆の大きなメリットだ。筆者は自分で蒸した大豆を容器に入れて持ち歩いているが、市販の蒸し大豆製品も増えている。手軽な大豆ファーストはさらに注目を集めるかもしれない。

■若い世代でも進む「大豆・植物性食へのシフト」

大豆をたんぱく源として取るなど「植物性食」へのシフトも進んでいるという。

不二製油グループ本社が17年11~12月に日本と米国で実施したインターネット調査(日本、米国の男女合計1446人を対象)によると、日本では34.0%が植物性食中心のライフスタイルに興味を持ち、半数以上がベジファーストや野菜多めの食事を実践していた。積極的に取ろうとしているたんぱく源の1位は納豆や豆乳、おからなどの大豆製品だった。

同じ調査で米国のミレニアル世代(1980年代から00年代初めに生まれた世代)は何と約4割(38.7%)がベジタリアンと回答。16.6%は場合によっては肉も食べる柔軟な菜食主義者「フレキシタリアン」だったが、全体の75.9%が「動物性食を控えたい」と回答した。

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL