出世ナビ

学校のリーダー

明大、脱バンカラで早慶超え 元証券マン理事長の改革 明治大学の柳谷孝理事長に聞く

2018/5/6

明治大学の柳谷孝理事長

高校生の「志願したい大学ランキング」(リクルート進学総研調べ)で関東のトップを走ってきた明治大学(東京・千代田)。2017年に首位の座を早稲田大学に譲るなど、ライバルの急追を受けている。少子化の進行や国による東京一極集中是正策の導入などで経営環境も厳しさを増す一方だ。ただ、2016年に就任した柳谷孝理事長(66)は意気盛んだという。その理由を聞こうと神田駿河台にあるキャンパスを訪ねた。

■女子学生の比率が増加

「一昔前に比べれば、志願者数は大きく伸びました。課題だった女子学生の比率も35%にまで増えています。これまでとってきた経営戦略が正しかったといえるでしょう。しかし、これは大きな成功へのホップにすぎないんです。さらに高い目標に向かって、ステップ、ジャンプしていきます」。明治のスクールカラーである紫紺のネクタイを締めた柳谷氏は、こう話す。柔和な表情で時折冗談も交えて話す柳谷氏は、野村証券で15年間役員を務めた経験の持ち主で、大学の経営改革を主導する。

かつてはバンカラなイメージの強かった明治が、「おしゃれな都市型大学に変身を遂げつつあるのでは」と高校生らに注目され始めたのは2010年前後。04年に志願者数が7万人台にまで落ち込み危機感を抱いた大学側が、時代の先端を行く研究施設をつくったり、予算を大幅に増やして国際化に取り組んだりするなど様々な改革を推進。その結果、外部の評価が高まり、07年には志願者数が10万人の大台に乗った。

「都市型」を象徴するのが、駿河台キャンパスや13年に開設した中野キャンパス(東京・中野)だ。中でも駿河台キャンパスにそびえ立つ「リバティタワー」は地上23階・地下3階建てで、エレベーターはガラス張り。17階の学生食堂からは都心の街並みが一望できる。

リクルート進学総研の「志願したい大学ランキング」で、明治は09年に早大を抜いて関東エリア1位に躍り出ると、8年間1位をキープ。大学通信による志願者数ランキングでも年々順位を上げ、10年度には早稲田に代わって首位になった。ところがその後、14年度の志願者数ランキングでは近畿大学に首位を奪われ、勢いの差が見えてきた。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL