マネー研究所

Money&Investment

新社会人 給与明細のチェック項目は天引き額と使い道 住民税は2年目の6月から徴収

2018/4/29

写真はイメージ=PIXTA

平日の夜の筧家。ダイニングテーブルでは幸子が夕食の後片付けをし、良男は食後のお酒を楽しんでいます。そこへ娘の恵が帰宅。朝は「きょうは給料日!」と上機嫌で出かけた恵ですが、何やらとても疲れている様子です。

筧幸子(かけい・さちこ、48=上) 筧良男(かけい・よしお、52=中)  筧恵(かけい・めぐみ、25) 

筧良男 今からママとお酒を飲むんだが、一緒にどうだ?

筧恵 その前に何か食べさせて。おなかがすいちゃって。

筧幸子 「遅くなる」って電話があったから、てっきり飲み会だと思ってたわ。

 うちの会社、きょうが給料日でしょう? 熱心な新入社員に「給与明細の見方を教えてください」って頼まれて、何も食べないで説明したの。「もう遅いから、またあしたね」ときょうは帰ってきたけど、まだ聞きたいことがあるらしいわ。一通り説明できるようになりたいから、ママ、基本的なことを教えてくれない?

良男 給与明細ってそんなに見るところはあったかな? 私は手取り額しか確認しないぞ。

幸子 パパみたいに「総支給額」から「総控除額」を引いた「差引支給額」、つまり「手取り額」しか意識しない人は多いみたいね。だけど何のために差し引かれているか、どのように使われているのかも知っておくべきよ。万一の事態に陥って困った際にどのような制度を利用すればいいか分かるし、民間の保険に加入するかどうかの判断にも必要なの。ファイナンシャルプランナー(FP)仲間の八ツ井慶子さんは「給与明細は社会とつながる窓口のようなもの」と説明しているわ。

良男 でも、給与明細って数字ばかりで難しいよね。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL