完全無線イヤホン 音質か操作性か、世代で違うベスト「年の差30」最新AV機器探訪

人気が高まる完全ワイヤレスイヤホン。昭和生まれと平成生まれ、世代の異なる2人が欲しいと思う製品はどれか
人気が高まる完全ワイヤレスイヤホン。昭和生まれと平成生まれ、世代の異なる2人が欲しいと思う製品はどれか

最近、左右の耳に装着するパーツが離れている「完全ワイヤレスイヤホン」の人気が高まっている。だが、また登場して間もないだけに製品によって何が違うのか、何を基準に選べばいいかわからないという人も多いだろう。そこで、昭和生まれと平成生まれ、世代の異なる2人に、これまで試聴した完全ワイヤレスイヤホンの高級モデル6機種から、ほしいと思うモデルを選んでもらった。音質を重視する50代と、使い勝手は譲れないという20代。それぞれが選んだのは何か。

◇  ◇  ◇

昭和生まれのオーディオ評論家と平成生まれのライター、30歳の年齢差の2人によるこの連載では、2018年に入ってからこれまで複数の完全ワイヤレスイヤホンを聞き比べてきた。ソニーの「WF-1000X」とBOSE「Soundsport Free」、JBL「JBL FREE」、EARIN「EARIN M-1」と「EARIN M-2」の5機種だ。記事では取り上げていなかったが、Apple 「AirPods」もそれぞれ試聴している。

GfKジャパンの調査によれば、完全ワイヤレスイヤホンは1万円台後半がボリュームゾーン。JBL FREEとAirPodsを除くと、どれも2万円台半ば~3万円台で、完全ワイヤレスイヤホンの中では高級路線だ。今回は、この計6機種の中から「欲しい」と思う製品をそれぞれ2機種挙げ、さらに実際に使って見えてきた完全ワイヤレスイヤホンの長所や短所を話し合った。

重さや再生時間にばらつきあり

小原(54歳のオーディオ・ビジュアル評論家) 今回のテーマは、これまで試聴した6機種の完全ワイヤレスイヤホンの中から、それぞれが欲しいモデルを選ぶんですね。

小沼(26歳のライター) そうです。まず、6機種のスペックをまとめたものを見てみましょう。

※価格は2018年4月下旬に大手家電量販店のショッピングサイトで確認

小原 こうしてまとめてみると、重さや再生時間などにかなりばらつきがあることがわかりますね。

小沼 音質だけではなく、こういった要素も完全ワイヤレスを選ぶ上では重要になってきそうです。

平成世代は製品の使いやすさでセレクト

小沼 まず、僕が選んだのは「EARIN M-2」です。選んだ基準は第一に製品としての使いやすさ。ケースが小型で持ち運びやすく、ペアリングも安定していました。単体4時間、ケース併用で14時間という再生時間も満足できる範囲です。

小原 EARIN M-2は今回の6機種のうち、唯一の3万円超えと、一番高価ですが。

MONO TRENDY連載記事一覧