マネー研究所

人生を変えるマネーハック

クレカで現金入手、新社会人は便利に潜むワナに注意 クレジットカードをマネーハック(4)

2018/4/23

写真はイメージ=123RF

今月のマネーハックのテーマは「クレジットカード」です。4月から新しい生活をスタートさせた新社会人のため、その賢い使い方と注意点を解説してきました。前回の「クレカのリボ払いに落とし穴 新社会人は気をつけよう」ではリボルビング払いのリスクについてフォーカスしましたが、今回もちょっと危険な機能を取り上げます。

クレジットカードは多くの場合、買い物に利用されます。利用限度額は個人の信用により決まります。ところが、クレジットカードには買い物せずに現金だけを手に入れる機能があることをご存じでしょうか。

その機能は「キャッシング」です。便利なので、利用したくなるのですが、実は危ない機能です。

■キャッシングは「借金」に他ならない

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があり、それぞれ利用限度額が設定されています。キャッシングはそれを上限として好きな金額を、使途を問わずに引き出すことができます。ATM端末にクレジットカードを差し込み、キャッシング機能を選択し、希望金額と返済方法を指定すれば簡単に現金を手に入れることができます。

しかし、これは借金に他なりません。注意したいのはキャッシングでは返済方法が「1回払い」でも利息がかかるということです。ショッピングでは1回払いなら利息はかかりませんが、キャッシングの場合は年15~18%の金利を設定してる場合が多いようです。年18%ということは1回の支払いでも1.5%の利息を乗せて返済しなければならないということです。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL