スマホがあれば新幹線に乗れる 大型連休の賢い旅行術ファイナンシャルプランナー 風呂内亜矢

東北新幹線などで運行する「はやぶさ」=PIXTA
東北新幹線などで運行する「はやぶさ」=PIXTA

俳優の神木隆之介さんが「よゆうッス」と繰り返すテレビコマーシャルを目にした人もいると思いますが、JR東日本が4月から「タッチでGo!新幹線」という新しいサービスを始めました。「みどりの窓口」に並んだり切符を発券したりしなくても、Suicaなど交通系のICカードやスマートフォン(スマホ)があれば新幹線に乗車できる環境が広がっています。大型連休の帰省などで早速、その便利さやお得さを試すことができるでしょう。

「タッチでGo!」は東北・上越新幹線など

「タッチでGo!新幹線」では事前に乗車券や特急券を買わなくても、SuicaやiPhoneの決済機能「Apple Pay(アップルペイ)」のモバイルSuicaで新幹線の自由席に乗車できます。急ぎの出張などの際に窓口に並ばなくても、Suicaの残高だけ注意しておけば新幹線に飛び乗れるため、多忙な人には魅力的なサービスといえるでしょう。残高が足りなくても降車時に改札内の専用機で追加でチャージすることもできます。

このサービスが利用できる区間は、
東北新幹線:東京~那須塩原間
上越新幹線:東京~上毛高原間
北陸新幹線:東京~安中榛名間
です。なお、大宮駅または高崎駅で新幹線の改札口から出ず、別の方面の新幹線に乗り継ぐ場合はこのサービスは利用できないので注意が必要です。

既存の割引サービスとどちらがお得?

気になる価格について、JR東日本の既存の割引サービスと比べてみましょう。

東北、上越、北陸新幹線にお得に乗るならば、同社のインターネット予約サービス「えきねっと」の割引き切符「トクだ値」や、13日前までの早めの申し込みで割引が適用される「お先にトクだ値」といった切符でも旅費を抑えることができます。列車や座席、区間が限定されたネット専用の切符で、通常料金から15%や35%といった割引が受けられます。

「トクだ値」などの従来の割引サービスは、比較的長距離を移動する区間が対象となっています。
東北新幹線では古川駅(宮城県大崎市)以北
上越新幹線では高崎駅(群馬県高崎市)以北
北陸新幹線では安中榛名駅(群馬県安中市)以西
が対象です。「タッチでGo!新幹線」の対象区間とかぶらない区間が実は多いのです。

一方、上越新幹線で東京駅から高崎駅まで行く場合などはどちらでも手配できます。この区間で各種サービスを比較すると、
「タッチでGo!新幹線」は自由席で4210円
「トクだ値(通常期)」は指定席で4180円
「お先にトクだ値(通常期)」は指定席で3200円
となるため、既存の割引サービスを利用するのが有利といえます。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし